『ハウルの動く城』あらすじネタバレ解説

今回記事でご紹介するのはイギリスの児童文学作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズのファンタジー小説、『ハウルの動く城』のあらすじです。

2004年11月20日にスタジオジブリ制作の長編アニメーション映画として公開され、興行収入196億円を記録しました。監督は宮崎駿です。

魔女の魔法で老婆に変えられた主人公ソフィーの自立と恋愛を描いた物語は、幅広い層の支持を獲得しました。

※本稿は作品のネタバレを含みます。あらかじめご了承ください。

『ハウルの動く城』のあらすじ

主人公は王国の下町で暮らす18歳の少女、ソフィー・ハッタ―。

三人姉妹の長女にあたるしっかり者で、亡き父が遺した帽子屋を営んでいます。

やや真面目すぎる性格で、恋愛には縁がありません。

スタジオジブリ「ハウルの動く城」公式サイト

ある日のこと、ソフィーは兵隊に絡まれました。

そこに通りかかった美青年がソフィーを助けてくれます。

美青年はハウルと名乗り、魔法使いであると明かしました。

事情はよくわかりませんが、荒地の魔女から逃げている途中だそうです。

その日の夜、ソフィーの部屋に荒地の魔女が乱入し、彼女を90歳の老婆に変えてしまいました。

たった一晩で容姿が激変してしまったソフィーは店の営業を断念、人目を忍んで街を出ました。

あてどもなく荒野をさまよっていたソフィーは、生きたカカシ・カブのピンチを助け、ハウルが住んでる城へと導かれました。

ハウルの城は魔法で動く仕掛けになっており、暖炉には火の悪魔カルシファーが巣食い、弟子のマルクルが居候しています。

ソフィ―はハウルの動く城に家政婦として雇われ、彼や弟子の世話をすることになりました。

当初はマイペースでナルシストなハウルに反発していたソフィーですが、共に暮らす中で徐々に打ち解け、お互いを憎からず思うようになります。

それからしばらくして隣国との戦争が始まり、王の配下の偉大な魔法使い、マダム・サリマンがハウルに協力を求めてきました。

サリマンとハウルは師弟関係ですが、ハウルが掟を破って悪魔と取引した為、決別した過去があります。

しかしサリマンはハウルに未練があり、ハウルが手を貸すなら悪魔から逃れる術を教えてやると言い、タブーを犯した荒地の魔女の魔力を取り上げてしまいました。

国への協力を拒めばハウルも同じ目に遭うと危惧したソフィーは、彼を庇ってサリマンに直談判し、却って不興を買ってしまいます。

その場はどうにか切り抜けたものの、サリマンは執念深くハウルを追い詰め、ソフィーたちは動く城に乗り込んで逃亡を企てました。

タイトルとURLをコピーしました