『風の谷のナウシカ』ネタバレ・あらすじ紹介

今回記事でご紹介するのは1984年に劇場公開されたスタジオジブリ制作、宮崎駿監督のアニメーション映画、およびその漫画『風の谷のナウシカ』のあらすじです。

本作は環境破壊が原因で文明が崩壊した遠未来の地球が舞台。

動物や自然と心を通わせる優しき少女・ナウシカの故郷が、激動の世界情勢に巻き込まれていくストーリーは、全世界で支持を得ました。

※本稿は作品のネタバレを含みます。あらかじめご了承ください。

『風の谷のナウシカ』のあらすじ

遠い昔、火の七日間と呼ばれる未曾有の災厄が降りかかります。

これは地球規模の最終戦争の事で、人類の科学力を結集した巨神兵が地上を蹂躙し、文明を灰燼に帰したと伝えられています。

以来有毒の瘴気(しょうき)を生じる菌類の森・腐海が広がり、ここは異形の巨大生物・王蟲(おーむ)の生息域となりました。

腐海の空気は汚染されており、生身の人間が入ったら生きて帰れません。

主人公のナウシカは辺境の集落・風の谷の姫で、動物や自然と心を通わせる天真爛漫な娘でした。

族長の父親・ジルは民に慕われ、人々は慎ましい農耕生活を営んでいます。

ある時ナウシカは飛行器具メーヴェを操り、腐海の上空を飛んでいました。

その際暴走した王蟲が老人を追撃している現場に遭遇。

出典:スタジオジブリ「風の谷のナウシカ」公式サイト

ナウシカは咄嗟の機転で蟲笛を吹き、王蟲を森に帰らせました。

老人はナウシカの師のユパで、二人は再会を喜び合い、帰還後に祝宴が開かれました。

翌朝、大国トルメキアの輸送機が風の谷に墜落しました。

炎上する輸送機から救出された少女はぺジテ市の王女ラステルと名乗り、「積み荷を焼き捨てて」とナウシカに頼んで息を引き取ります。

ほどなくラステルを追いかけ、大国トルメキアの軍勢が侵攻。

司令官を兼ねる皇女クシャナが降り立ち、病床のジルを銃殺しました。

父を殺害されたナウシカは激怒し、トルメキア軍の兵士を殺戮するも、ユパが暴走を制します。

この事件がきっかけで風の谷はトルメキアの監視下に置かれ、ナウシカは悲嘆に暮れます。

一方、クシャナの狙いはラステルの護送船に積まれていた巨大な繭でした。

繭の正体は火の七日間で世界を滅ぼした巨神兵の胚であり、ペジテ市の地下から出土し、トルメキアに奪われたものだと判明します。

野心家のクシャナは祖国へ胚を運ぶ手間を省き、風の谷で蘇生させる計画を始動します。

翌日、ぺジテ市に戻るクシャナは人質としてナウシカを連行。

腐海上空にさしかかった時、トルメキアの軍船がぺジテのガンシップに急襲され、編隊が壊滅的な打撃を受けました。

クシャナとナウシカは間一髪脱出に成功し……。

タイトルとURLをコピーしました