「半分、青い。」68話。秋風の視点が漫画家というより脚本家である件

「「半分、青い。」68話。秋風の視点が漫画家というより脚本家である件」へのコメント( 8 件)

記事を見る
コメント利用規約 サービス利用規約
  • 匿名さん 通報

    間違いを指摘して頂きありがとうございます。北野編集長の異動は散英社社内と考えたために間違ってしまいました。架空の雑誌とその出版社は必ずしも実在の雑誌と出版社の組合せには対応していないということですね。

    0
  • 匿名さん 通報

    「モーニング」や「アフタヌーン」は講談社ですけどね〜。

    1
  • 匿名さん 通報

    モーニングは講談社。集英社ならヤンジャン

    1
  • 匿名さん 通報

    壁が薄いのはめぞん一刻やな。一刻館やあれは

    0
  • 匿名さん 通報

    >そんなときユーコが助言をしてくれる。ユーコはユーコで進行が滞って、現実逃避に部屋の掃除からの模様替えをしていた。…  壁がいくらなんでも、相当薄いですよね。

    2
  • 匿名さん 通報

    おそらくですが、菱本さんの台詞は「橋田先生ですか」ではなく、「橋田先生ですから」だったと思いますが、どうでしょうか。

    8
  • 匿名さん 通報

    「おんなは度胸」、懐かしいですね。BSで朝やっている再放送はこういう昔の名作をもっとやってほしい。

    6
  • 匿名さん 通報

    今度は散英社の「ビッグイブニング」ですね。集英社の「モーニング」や「アフタヌーン」が元ネタでしょうけど、小学館の「ビッグコミック」系の要素も入ってますね。なんか私こればかり書いてますね(笑)。

    4
全ニュースの新着コメントを見る

もっと読む

「半分、青い。」に関する記事

「半分、青い。」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「半分、青い。」の記事

次に読みたい「半分、青い。」の記事をもっと見る