bit

話題の“シャアの本”を読んでみた

話題の“シャアの本”を読んでみた
シャアに学ぶ!? ビジネス社会で生き抜く知恵。写真は<a href="http://www.excite.co.jp/book/product/ASIN_4063646750/">『評伝シャア・アズナブル―赤い彗星の軌跡―<上巻>』</a>
「竜馬に学べ? いや、シャアでしょ」という帯の文句に魅かれて手にとってみた『評伝シャア・アズナブル―赤い彗星の軌跡―』。
さすが、緻密でリアルな確固とした世界観を築いているガンダム! ついに、架空のアニメキャラであるシャアの評伝まで出てしまうとは……上下巻があり、まさに坂本竜馬のような歴史上の人物の評伝のように大マジな筆致で書かれた異色作。巻末にはなんと年譜までついており、シャアの思想と人間性に迫る重厚で読みごたえのある一代記となっている。

作者は“宇宙世紀の司馬遼太郎”こと小説家の皆川ゆか氏。
さっそく読んでみたところ、キシリアvsシャアの緊張感にみちたオトナな駆け引きや、ララァとアムロが戦場で共鳴しあっていたときのシャアの心境など、謎多き男であるシャアの言動の背景にあるものがスリリングな筆致で明らかにされていく。
この本を担当した講談社の編集者の方にもお話を伺ってみたところ、今のところ読者の9割が30代のサラリーマン男性という。皆さんシャアの生き方から仕事術や人生訓、処世術などを学ぶという感じで、まさに「ガンダム」を題材にした新しいビジネス書の誕生といえるかも。

福井晴敏氏による推薦文にも、
「今、我々はシャアから多くのことを学ぶ必要がある。自意識過剰で、マザコンで、究極的には自分しか愛せなかった寂しい男だからこそ、その転落の道筋を反面教師としなければならない。あの仮面は、今を生きる我々の顔を等しく覆っているのだから」
とあり、なるほど特に「Zガンダム」以降の、中間管理職的なシャアの立ち位置にはサラリーマンの皆さんにも学ぶところがあるのかもしれませんね!?

「ファーストガンダム」では、その華々しい悪役っぷりでファンを魅了していたシャア。しかし、30代の読者の中にはむしろ「Zガンダム」以降の悲哀に満ちたシャアに共感を覚えるという人も多いらしい。「大人になってみて、あのときのシャアの気持ちがよくわかるようになりました」などという感想をアンケートに書いてくる人もいるとか……。
仕事でライバルに負けっぱなしだったり、生意気な部下に悩まされても「シャアだって苦悩していたんだ。オレだって……」と自分を励ましたり、座右の書としたりする人もいるのかもしれません。

個人的には「マ・クベは陶磁器の蒐集を趣味としていた」などの、細かすぎるトリビア満載なところも気に入りました。
織田信長や徳川家康、新選組などを例に挙げて、組織論やリーダーシップを説く手法はもう古い!?
そのうち、就職試験の面接などで「尊敬する人物は?」という質問に「シャア・アズナブルです」と真顔で答える若人が出てきたりするのかもしれませんね〜。電車の中等でも読みやすい新書サイズなので、ガンダム好きならずともぜひ。
(茶色い彗星)

評伝シャア・アズナブル〜《赤い彗星》の軌跡〜*講談社BOOK倶楽部サイト内
福井晴敏氏×皆川ゆか氏対談「普遍化するガンダム」*「MouRa」FRAMES(アニメ+特撮:映像系娯楽ポータル)サイト内

当時の記事を読む

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2007年2月15日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。