bit

鼻に小銭!? 『徹子の部屋』史上最も危険な日

鼻に小銭!? 『徹子の部屋』史上最も危険な日
いつも危険きわまりない番組『徹子の部屋』だが、先日の7月25日放送分は、番組史上最も危険と思われるような回だった。

ゲストは、名曲『ろくでなし』を歌いながら、鼻からグリーン豆をとばす芸でおなじみの、ワハハ本舗・梅垣義明、通称「梅ちゃん」。
落ち着いた雰囲気で登場した彼に、徹子は夢中で、子どものように無邪気にはしゃぐ。ここまではいいが、なんと、「アナタ、こういうものは、お入りにはなる?」と、鼻の穴に、豆ではなく「小銭」を入れることを懇願した。

が、梅ちゃん自身、はじめての経験だったようだが、1円、5円、100円玉と、見事、小銭が鼻の穴に入っていく。だが、出すときに100円玉が、どうしてもとれなくなってしまったのである。
こんな「非常事態」にありながら、徹子はまるで慌てない、動じない。

結局、100円玉はとれず、「鼻の中に小銭が入ったままだが、トークする」というおかしな展開になった。だが、そんな話も聞いているのか聞いてないのか、徹子は「あら!」と大発見。
「アナタ、しゃべると、笛のような音がしますよ! 今度、コレで話すっていうの、なさったら?」
と芸の提案までし始めた。さらに、
「小銭を入れたまま話すって、スゴイですよ」
「さっきから、鼻の中で、キラッキラッと光ってますけど、見えるかしら? カメラさん、ズームしてくださる? 見えてるのにとれないって、不思議ねえ」
などと大興奮で、トークはそっちのけ。

しまいには、自分の鼻の穴に5円玉を入れようとムリムリに押し付け、
「私がやると、ホラ、5円玉も入りませんよ? 私の鼻の穴が小さいという自慢でも何でもなく、アナタは100円玉だから、20倍ですもんね?」
と発言。それを制止し、
「金額の問題じゃないでしょ!?」
と、ツッコむ梅ちゃんの姿は、いつもとんでもない芸で笑わせてくれる人とはまるで別人で、ものすごい「常識人」に見えた。
さすがにやりすぎたと思ったのか、スタッフに注意されたのか、番組終了時には、
「この方は、これを商売になさっているから、小銭を入れていただいたのであって」
と、一般人がマネしないよう、注意する徹子。

番組はそのまま終了したが、大丈夫、梅ちゃん!? 放送できているということは、大事には至らなかったと思うが……。
梅ちゃんの所属するワハハ本舗に問い合わせると、電話対応の女性は、
「もう、とれていますよ」
とあっさり。
病院に行くとか、大変な事態にはならなかったのでしょうか?
「詳しいことは担当者でないとわかりませんが、あいにく、今は打ち合わせに入っておりまして」と、何事もなかったような対応である。

とりあえず無事のようで安心したが、もうこれ以上ムリはしないでね。させないでね。
もちろん絶対に誰もマネはしないように!
それにしても、改めて徹子のスゴさを思い知らされた回であった。
(田幸和歌子)

あわせて読みたい

Excite Bit コネタの記事をもっと見る 2006年7月26日のコネタ記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース