bit

横浜の街で会える「ブルーダル」って?

       
先日、横浜を訪れた際に初めて「ブルーダル」に出会った。ブルーカラーの斑点模様が愛らしいダルメシアン犬のキャラクターである。

東京で見かけることがなかったので、その存在を知らなかったのだが、一目見ただけでどこか親しみを感じるキュートな「ブルーダル」。キャラクター好きの私が無視できるわけがない! と、「ブルーダル」について知りたくなって、さっそく問い合わせてみることに。

すると、「ブルーダル」は、横浜の街に暮らし、横浜を訪れる人を「ようこそ!」という気持ちで迎えるためにつくられた、横浜で活躍する横浜生まれのキャラクターだったのだ。なるほど、東京などで見かけなかったのも納得である。

そんな「ブルーダル」は、やはり、横浜を拠点に活動するグラフィックデザイン会社、NDCグラフィックスの3人のデザイナー、中川憲造さん、延山博保さん、森上暁さんによってつくられ、2004年の横浜高島屋の展覧会「中川憲造とブルーダルメシアン展」で初披露されたそう。

なぜ、横浜=ダルメシアンなのかと尋ねてみると、開港当時、馬車の先導犬として横浜で活躍していたのがダルメシアンで、150年の歳月が経った今、その子孫が横浜カラーのブルーになって、再び横浜で活躍しているといったストーリーから生まれたのだとか。さらに2月1日生まれのみずがめ座、O型の男の子、なんていう設定も楽しい。

「ブルーダル」は絵本からはじまり、現在、グッズのアイテムもどんどん増えている。中でも人気があるのは携帯ストラップやマーブルチョコレートだそう。このマーブルチョコレート、ちゃんとブルーダルの斑点がモチーフになっているところがうまい! ブルーダルのキャラクターをそのままモチーフにしたグッズももちろん可愛いのだが、マーブルチョコレートのように、ブルーの斑点や足跡など、彼の特徴を活かしたデザインのグッズも魅力。

ランドマークプラザ2階「メイド・イン・ヨコハマ」、赤レンガ倉庫1号館「デポ」など横浜市内に直営ショップが5店鋪あるほか、横浜高島屋、市内のホテル、マリンタワーなどでもグッズが販売されているそうなので、横浜の街のどこかできっと、「ブルーダル」に会えるはず。

神奈川新聞の日曜版では4コマストーリーも連載中の「ブルーダル」。横浜近辺在住の人や、横浜を頻繁に訪れる人にとっては、すでにお馴染みのキャラクターなのかもしれないけれど、これから全国的にももっと有名になって、横浜といえば「ブルーダル」というくらい、横浜の“顔”になる日もそう遠くないのかも?! がんばれ、ブルーダル!
(田辺 香)
コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2006年8月9日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。