韓国とは感情的にならず淡々と付き合うべき~元徴用工訴訟

韓国とは感情的にならず淡々と付き合うべき~元徴用工訴訟
拡大する(全4枚)

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(8月5日放送)にジャーナリストの佐々木俊尚が出演。「公示送達」の効力が発生した元徴用工訴訟について解説した。

韓国とは感情的にならず淡々と付き合うべき~元徴用工訴訟の画像はこちら >>

2018年10月30日、ソウルの韓国最高裁で行われた判決後に会見する元徴用工の李春植さん(中央) 写真提供:時事通信

いわゆる元徴用工訴訟~麻生財務大臣が対抗措置に言及

麻生財務大臣は8月4日の閣議後会見のなかで、韓国のいわゆる元徴用工訴訟で差し押さえられた日本企業の資産が実際に売却された場合の措置について、「しかるべく対応を取らざるを得ない」と話した。

飯田)韓国の裁判所が出した、資産の差し押さえ命令決定書が日本製鉄側に届いたとみなす「公示送達」の効力が8月4日に発生したということで、これを今後どう扱って行くのか。

韓国とは感情的にならず淡々と付き合うべき~元徴用工訴訟

新日鉄住金本社の会社ロゴの前で記念撮影し警備員に注意を受ける、元徴用工側の代理人ら=12日、東京・丸の内 撮影日:2018年11月12日

北朝鮮にしか興味がない韓国~感情的にならずに淡々と付き合うべき

佐々木)日本側はあまり韓国を刺激しないようにやって来ましたが、ここ1~2年の韓国専門家の発信を見ていると、もはや韓国は日本に興味がないようです。昔と比べるとお互いの輸出入も少なく、経済的な結びつきもかなり減っています。文在寅政権は北朝鮮にしか関心がありません。北朝鮮問題についてどう考えるか、そのときにアメリカとどう連携するかということだけを考えていて、日本にはまったく興味がないような状況です。日本政府は迎合する必要も、無理に押す必要もありません。ドイツとフランスのように、隣の国とは仲よくできないものです。あまり感情的にならずに距離を置いて、淡々と付き合い、法的な問題に関しては処理して行くしかないと思います。


この記事の画像

「韓国とは感情的にならず淡々と付き合うべき~元徴用工訴訟」の画像1 「韓国とは感情的にならず淡々と付き合うべき~元徴用工訴訟」の画像2 「韓国とは感情的にならず淡々と付き合うべき~元徴用工訴訟」の画像3 「韓国とは感情的にならず淡々と付き合うべき~元徴用工訴訟」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ニッポン放送 NEWS ONLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク