バラエティ番組『トリビアの泉 ~素晴らしきムダ知識~』の影響から、「取るに足りないさま、些末的」を指す“トリビア”という単語は、「つい人に教えたくなってしまうような雑学・知識」という意味でも定着しました。わたしたちが普段なにげなく視聴しているアニメにも、こういったトリビアは多数存在しています。
【アニメトリビア10選】と題してアニメに関するトリビアを紹介する本企画シリーズ。第二回は『ONE PIECEワンピース)』を取り上げます。

■1、初めてルフィに声を当てたのは、“インセクター羽蛾”の高乃麗

TVアニメ『ONE PIECE』は1999年10月よりスタートしましたが、実は1998年に開催された「ジャンプ・スーパー・アニメツアー'98」というイベント内で、TV版に先駆け『ONE PIECE 倒せ!海賊ギャンザック』というアニメが上映されています。同作でルフィ役を務めたのは、お馴染みの田中真弓さん……ではなく、『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』のインセクター羽蛾役などで知られる高乃麗さんでした。ほかナミ役は豊口めぐみさん、ゾロ役は高木渉さんが演じています。

■2、ルフィが具体的に「美女」と言及した女性はアルビダだけ

ルフィは“麦わらの一味”として共に航海しているナミやロビン、そして自分に惚れ込んでいる様子のハンコックといった美しい女性キャラクターと接していても、サンジのようにその容姿を褒める発言はしません。しかし、「スベスベの実」を食べた副次効果で絶世の美人となったイーストブルーの女海賊・アルビダに対してのみ、再会時に「おれはお前みてェな美女知らねェぞ」と口にしたことがあります。