アニメ『進撃の巨人』の荒木哲郎監督とWIT STUDIOの強力タッグによるオリジナルアニメ映画『バブル』が、2022年5月13日に全国公開され、Netflix版として2022年4月28日に全世界配信されることが決定した。主人公・ヒビキの声優を務める志尊淳に加えて、宮野真守梶裕貴畠中祐らが出演する。あわせてティザービジュアルと特報映像、スタッフとキャストからのコメントも到着した。

『バブル』は、世界に降り注いだ泡〈バブル〉で、重力が壊れた東京を舞台とするオリジナルアニメ映画。ライフラインが閉ざされた東京は、家族を失った一部の若者たちの遊び場となり、ビルからビルへと駆け回るパルクールのチームバトルの戦場となっていた。

ある日、危険なプレイスタイルで注目を集めていたエースのヒビキは、無軌道なプレイで重力が歪む海へ落下してしまう。するとそこに、不思議な力を持つ少女ウタが突如現れ、ヒビキの命を救う。そして、2人にだけ特別な音が聞こえる……。なぜ、ウタはヒビキの前に現れたのか。ふたりの出会いが、世界を変える真実へとつながっていく。

本作の監督を務めるのは『進撃の巨人』の荒木哲郎で、脚本は『魔法少女まどか☆マギカ』や『Fate/Zero』、『PSYCHO-PASS サイコパス』の虚淵玄が執筆。キャラクターデザイン原案には『DEATH NOTE』や『バクマン。』の小畑健、音楽には『プロメア』や『機動戦士ガンダム

この記事の画像

「「進撃の巨人」荒木哲郎×WIT STUDIO!宮野真守&梶裕貴&畠中祐も出演する「バブル」22年5月公開」の画像1 「「進撃の巨人」荒木哲郎×WIT STUDIO!宮野真守&梶裕貴&畠中祐も出演する「バブル」22年5月公開」の画像2 「「進撃の巨人」荒木哲郎×WIT STUDIO!宮野真守&梶裕貴&畠中祐も出演する「バブル」22年5月公開」の画像3