2月9日は漫画の日。

マンガの神様として知られる手塚治虫の命日が由来の記念日です。なお11月3日は「まんがの日」で、こちらは文化の日であることに加えて、手塚の誕生日というのも由来の一つとなっています。

アニメやゲームにはマンガを生業とするキャラクターがしばしば登場します。週刊誌で連載を掛け持ちする売れっ子だったり、商業デビューを目指して修行中だったり、マンガ家仲間と寮で共同生活をしていたりと、描かれ方もさまざまです。

そこでアニメ!アニメ!では「マンガ家キャラといえば?」と題した読者アンケートを昨年に引き続き実施しました。1月21日から1月28日までのアンケート期間中に330人から回答を得ました。
男女比は男性約45パーセント、女性約55パーセントとほぼ同数。年齢層は19歳以下が約75パーセント、20代が約15パーセントと若年層が中心でした。

■『ジョジョ』岸辺露伴がトリプルスコアでトップ!

第1位

1位は『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の岸辺露伴。支持率は約37パーセントで、2年連続トップとなりました。

読者からは「週刊少年ジャンプに『ピンクダークの少年』という連載を持っており、スタンド能力『ヘブンズ・ドアー』は他人を本にしてしまうというマンガ家ならではの能力。『岸辺露伴は動かない』というスピンオフまで作られており、まさにマンガ家キャラの頂点です」や「『ジョジョ』の中でも屈指の人気キャラ。マンガにかける情熱が良くも悪くも凄まじい」、「金や名声のためではなく、ただ読者に読んでもらうためにマンガを描くのがカッコイイ!」と癖のある人物ながらマンガ家としてのストイックな姿勢が支持されています。

この記事の画像

「マンガ家キャラといえば? 3位「かくしごと」後藤可久士、2位「バクマン。」真城最高・高木秋人、1位「ジョジョ」岸辺露伴 <22年版>」の画像1 「マンガ家キャラといえば? 3位「かくしごと」後藤可久士、2位「バクマン。」真城最高・高木秋人、1位「ジョジョ」岸辺露伴 <22年版>」の画像2 「マンガ家キャラといえば? 3位「かくしごと」後藤可久士、2位「バクマン。」真城最高・高木秋人、1位「ジョジョ」岸辺露伴 <22年版>」の画像3 「マンガ家キャラといえば? 3位「かくしごと」後藤可久士、2位「バクマン。」真城最高・高木秋人、1位「ジョジョ」岸辺露伴 <22年版>」の画像4
「マンガ家キャラといえば? 3位「かくしごと」後藤可久士、2位「バクマン。」真城最高・高木秋人、1位「ジョジョ」岸辺露伴 <22年版>」の画像5