ドンキの完全ワイヤレスイヤホン第2弾を速攻レビュー、5000円台の格安モデルはコスパよし?

ドンキの完全ワイヤレスイヤホン第2弾を速攻レビュー、5000円台の格安モデルはコスパよし?
大幅なスペックアップを遂げたドンキオリジナルの完全ワイヤレスイヤホン第2弾のコスパを検証した
 自社で企画したプライベートブランド「情熱価格」で多くのヒット商品を生み出しているドン・キホーテ(ドンキ)。2017年11月に発売した「完全ワイヤレスイヤホン 充電専用ケース付属」もその一例だ。ドン・キホーテ系列店舗のみでの販売ながら、19年8月時点で累計6万台以上を売り上げている。
 第1弾の発売が完全ワイヤレスイヤホンの黎明期ということもあり、スペックはそれなりという印象だったが、価格は税別5980円と破格でコストパフォーマンスは群を抜いていた。あれから2年、ドンキ印の完全ワイヤレスイヤホン第2弾が8月23日に販売を開始した。一足先に製品を入手できたので、早速レビューしてみた。
●装着感のよさは◎ IPX4の防水仕様でスポーツ用途に最適
 まず、デザインに関しては極めてスタンダードだ。充電ケースは、丸みを帯びた横長のスタイル。透明なプラスチック製のフタを採用しているのは珍しいかもしれない。完全ワイヤレスイヤホンは使用しないとき、ケースに収納するのが基本だが、うっかりポケットに入れてしまっていることもある。中がすぐに確認できるのはありがたい。ただ、このフタ部分はわりと指紋が付きやすい。若干チープな印象を受けるが、5000円台ということを考慮すれば許容範囲内だろう。
 本体は、耳の外に出る部分と内部で異なる素材を採用している。外側が光沢のあるプラスチック、内側が固めのゴムで構成されている。ハウジングの上部にはマイク穴が空いているが、物理ボタンは一切なくシンプルな設計だ。カラーは、第1弾と同じブラック、ホワイト、レッドの3色をラインアップしている。

当時の記事を読む

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月23日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。