マイナポイント申し込みはマイナポイント手続スポットで! クレカや電子マネーならスマホ不要

マイナポイント申し込みはマイナポイント手続スポットで! クレカや電子マネーならスマホ不要
マイナポイントの申し込みが可能な「マイナポイント手続スポット」の目印
 総務省が2020年9月1日から21年9月末まで実施するマイナポイント事業の「マイナポイント」は、電子マネー・交通系ICカード、クレジットカード、「〇〇Pay」といったスマートフォンスマホ)決済サービスなどのキャッシュレス決済サービスの一つを選択する必要があり、後からは変更できない。おすすめのキャッシュレス決済サービスは、居住地域、ライフスタイル、よく利用する店舗によって変わるが、お得度ではなく、使い慣れた決済サービスを選ぶのも手だ。
●専属スタッフのいるマイナポイント手続スポットなら簡単
 マイナポイントの予約・申し込み手続きは、公的個人認証サービス対応スマホ(iPhone 7以降のiPhoneやNFC搭載Androidスマホ)でいつでもどこでも可能だが、画面の小さいスマホでは文字を入力したくないPC派やスマホ非保有者は、全国約9万箇所の「マイナポイント手続スポット」を利用しよう。
 マイナポイントの公式サイトによると、マイナポイント手続スポットは、市区町村の窓口や郵便局のほか、イオンの総合スーパーや一部の食品スーパー、ヤマダデンキグループ、ビックカメラグループ、みずほ銀行・コンソーシアム参加金融機関、auショップ、ソフトバンク・ワイモバイルショップ、ドコモショップ、ローソン(ローソンマルチコピー機)、セブン銀行に設置されている。
 コンビニのマルチコピー機や家電量販店は基本的にセルフとなるが、自治体窓口と一部の特設会場には専属スタッフがおり、ケースを外して操作しても読み取りエラーが発生しやすく、慣れていないと面倒なスマホでのマイナンバーカード読み取りを代行してもらえる。その場でマイナポイントの申し込み手続きが完了するので、後は申し込んだキャッシュレス決済サービスで店舗で買い物すれば、ポイントやチャージ残高で最大5000円相当戻ってくる。

当時の記事を読む

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「スマートフォン」に関する記事

「スマートフォン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スマートフォン」の記事

次に読みたい「スマートフォン」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月2日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。