「色々な裸があっていい」一流ストリッパーが美を求める女性達に伝えたいこと。

■同性を魅了するストリッパー

 近頃はストリップ劇場を訪れる女性客が爆発的に増加しており、NHKの番組で特集が組まれるほど大きな話題になっています。このようなストリップにハマる女性は“スト女”と呼ばれ、まるでアイドルを追いかけるかのようにお気に入りの踊り子を応援し、中にはステージを見て涙を流す方も。

 スト女達は言います。

「ストリップは私たち女の身体を肯定してくれる数少ない場所だ」と。

 このように同性すら魅了する人気ストリッパーは、どのようにして自らの肉体を磨いているのでしょう?

 名実共にストリップ業界のトップに君臨する浅草ロック座の協力を得て、彼女達の肉体維持の秘訣を聞き出してみました。

「色々な裸があっていい」一流ストリッパーが美を求める女性達に伝えたいこと。
[本日の講師] 矢沢ようこ 96年にAV女優としてデビュー。当初はアイドル路線で人気を得ていたが、97年に伝説の深夜番組『ギルガメッシュないと』に抜擢。番組の企画『矢沢ようこ 浅草ロック座デビューへの道』がキッカケとなり、97年12月にストリップデビュー。途中数年の休業期間を経て、09年にストリップを再開。映画やアーティストのMV(銀杏BOYZ/恋は永遠)に主演するなど、女優としての活動も行っている。■まず仕事がトレーニングになっている

―― 矢沢さんは現役のストリッパーの中では大ベテランの域ですが、それだけ長い間コンディションや体型を維持するには、並々ならぬ努力が必要だと思います。世の女性の本音を聞いてみると“いくつになっても人前で裸になれるボディ”に憧れがあるようなのですが、何かトレーニングや普段の生活に秘訣はあるのでしょうか?


あわせて読みたい

BestTimesの記事をもっと見る 2019年2月9日のライフスタイル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。