北九州空港から日豊本線・朽網駅まで歩いてみた…人工島にかかる橋は絶景ながら異常に過酷

       

 利用者の多い大都市のハブ空港の多くは、鉄道の駅が直結している。しかし地方の空港は、バスやマイカーでのアクセスがメインとなっているところが多い。そんな空港から、最寄り駅まで歩いてみる本連載。第8回目の今回は、福岡県の北九州空港へと行ってみた。実践したのは2019年6月上旬で、最高気温が30度を超える、暑い時期だった。

 北九州空港は瀬戸内海西部の周防灘に浮かぶ、人工島に位置する。現在は2代目で、2006年3月の開港以前は、現在地から約5km西方の海岸線沿いに、初代北九州空港があった。

 初代は旧陸軍の曽根飛行場として誕生し、米軍接収を経て民間飛行場に転用されたが、滑走路が1500m(後に1600mに延伸)と短く、ジェット機の離着陸に対応できなかった。西方は竹馬川と山、東方は環境保護の観点から埋め立てできない曽根干潟に囲まれ、延伸が不可能ということで建設されたのが現空港となる。

 旧空港はJR日豊本線の下曽根駅から徒歩10分程度とアクセスが良かったが、滑走路の短さは空港として致命的といえるものだった。政令指定都市の空港でありながら、1983年から1991年までの8年間は定期便が存在せず、その後も利便性では全国屈指の福岡空港に、需要は奪われっぱなしの状態が続いた。

 福岡空港の発着数が運用の限界に達しており、スターフライヤーがハブ空港として本社を置いていることもあって、現空港は、福岡県東部や山口県西部の需要をまかなう空港として、一定の存在感をみせている。東京・羽田便や静岡、那覇などの国内線だけでなく、台北や釜山など国際線も多く運行している。24時間運用可能な海上空港の利点を生かした貨物便の拠点としても機能していて、付近に工業団地が集積する要因ともなっている。


ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月26日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。