利用者の多い大都市のハブ空港の多くは、鉄道の駅が直結している。しかし地方の空港は、バスやマイカーでのアクセスがメインとなっているところが多い。

そんな空港から、最寄り駅まで歩いてみる本連載。第8回目の今回は、福岡県の北九州空港へと行ってみた。実践したのは2019年6月上旬で、最高気温が30度を超える、暑い時期だった。

 北九州空港は瀬戸内海西部の周防灘に浮かぶ、人工島に位置する。現在は2代目で、2006年3月の開港以前は、現在地から約5km西方の海岸線沿いに、初代北九州空港があった。

 初代は旧陸軍の曽根飛行場として誕生し、米軍接収を経て民間飛行場に転用されたが、滑走路が1500m(後に1600mに延伸)と短く、ジェット機の離着陸に対応できなかった。

西方は竹馬川と山、東方は環境保護の観点から埋め立てできない曽根干潟に囲まれ、延伸が不可能ということで建設されたのが現空港となる。

 旧空港はJR日豊本線の下曽根駅から徒歩10分程度とアクセスが良かったが、滑走路の短さは空港として致命的といえるものだった。政令指定都市の空港でありながら、1983年から1991年までの8年間は定期便が存在せず、その後も利便性では全国屈指の福岡空港に、需要は奪われっぱなしの状態が続いた。

 福岡空港の発着数が運用の限界に達しており、スターフライヤーがハブ空港として本社を置いていることもあって、現空港は、福岡県東部や山口県西部の需要をまかなう空港として、一定の存在感をみせている。東京・羽田便や静岡、那覇などの国内線だけでなく、台北や釜山など国際線も多く運行している。24時間運用可能な海上空港の利点を生かした貨物便の拠点としても機能していて、付近に工業団地が集積する要因ともなっている。

小倉駅からは1日38往復ものバスが

 北九州空港へのアクセスは、バスが主体だ。北九州市の中心駅で山陽新幹線が停車する小倉駅へはノンストップのエアポートバスが結んでいるほか、鹿児島本線の黒崎駅や折尾駅、日豊本線の朽網駅へと向かう便もある。本数は少ないが、門司港駅や山口県の下関駅(関門線)、博多駅や福岡市の天神へ向かうバス(福北リムジンバス)も存在する。今回は小倉駅からノンストップ便のバスで空港へ向かった。

 空港行きのバス停は、小倉駅小倉城口(南口)を出てすぐのバスターミナルにあり、案内もわかりやすい。所要時間33分のノンストップ便は1日25~26便。

同49分の小倉中谷便を合わせると1日38往復だ。フリーwi-fiも利用でき、利便性はかなり高い。

 小倉駅のバスターミナルを出発すると、駅の東側をぐるりと回って、新幹線口(北口)の先から北九州高速へと入る。この路線はかなり高い位置を走るため、小倉城など小倉市街地が一望できて、なかなか気持ちいい。風景を楽しみたいなら、左側の窓側の席をチョイスすることをおすすめしたい。

 30分強の所要時間は、長いとはいえないが、短いともいえない。

ただ、充実した車内設備や景観の良さ、行程の多くが高速道路ということで、それほどストレスは感じずに到着した。今回は、この北九州空港のターミナルから日豊本線の朽網駅まで歩いてみた。

北九州空港から、日豊本線の朽網駅まで歩く

 北九州空港は、開港から13年と比較的新しいため、ターミナルビルは真新しい印象だ。1Fにコンビニとレンタカーのカウンター、2Fにおみやげなどの物販店、3Fにレストランやラーメン店などが並ぶ、一般的な地方空港のレイアウトだ。

 おもしろいのは、展望デッキにある足湯。大人100円、小学生50円で、タオルも販売している。

飛行機を眺めながら利用することができ、当日は多くの女性が入れかわり立ち替わり利用していて、かなり賑わっている印象だった。

 コンコースには日産の車も展示されていた。空港が所在する苅田町には、日産の生産拠点である日産自動車九州の工場がある。実は九州北部にはトヨタやダイハツのほか、サプライヤーなど自動車関係の生産拠点が数多く集積している。

 ターミナルビルを出ると、空港ではおなじみの巨大駐車場が出現するが、その先の様相が他空港と異なるのは人工島ならでは。当然のことながら、島内には民家は1軒も存在せず、ビジネスホテルと空港関連施設しか見当たらない。

とにかく風景が無機質だ。

 地面もアスファルトとコンクリートばかりで、30度を超える気温の中ではなかなかキツい。ホテルや空港施設、レンタカーの営業所の横を抜け、15分ほどで連絡橋の手前までたどり着いたが、この時点でかなり体力を消耗した。念のためにターミナルビルで500mlのペットボトルを2本買っておいたが、すでに1本を飲み干した。道中は店はおろか、自動販売機も一切ないので、特に夏場は注意が必要だ。

 東京のレインボーブリッジや横浜ベイブリッジなどの巨大な橋は、歩道が存在していても、途中に階段があるなど徒歩での通行は面倒なことが多い。自動車の通行がメインであり、時には進行方向へ向かってマイナスに伸びる歩道や、螺旋階段など、あくまで歩道は車道のオマケという姿勢がありありとうかがえる。

 しかしこの連絡橋は、かなり歩行者に良心的だった。橋のかなり手前から緩やかにスロープが延びていき、橋の最高点までほぼ傾斜が一定で、実に歩きやすい。段差もほとんどなく、路面の被膜が経年劣化で傷み、やや滑りやすい部分はあったものの、全体的にはストレスなく歩くことができた。時折、自転車も通るのだが、交通量が少ないうえに歩道も幅が広いので、すれ違いもスムーズだ。

 海の上から周囲を見渡せる景観も新鮮。変化が少ないことを予想していたが、前後左右を見ながら歩いていると、意外に飽きない。ただ、夏場でも十分に風は強かった。冬場は凍えるような寒さになることが予想されるため、あまりおすすめはできない。

朽網駅まで約10km、所要時間は約2時間30分

 休みながら30分ほどかけて橋を渡ると、残念ながら本土側には階段と、ジグザグ折り返すスロープの2ルートが出現した。しぶしぶ階段を降りたが、空港から駅へ向かうより、駅から空港へ向かう場合の方が、格段にストレスが大きいといえそうだ。

 そのまま歩道のある道をひたすら真っ直ぐ歩いて行くのだが、右手には海、左手には空き地と工場群が並ぶばかり。相変わらず店はおろか、自販機のひとつも見当たらない。つまり、空港から徒歩で脱出する場合、ターミナルから1時間以上に渡って、まったく飲み物を入手することができないのだ。

 さらに困ったのが、トイレがないこと。橋のふもとにあった駐車場にはトイレがなく、沿線には公園すら存在しないため、用を足せるところがまったくない。特に女性は注意が必要だ。緊急の場合は徒歩移動をギブアップして、冒頭に書いた朽網駅行きのバスやタクシーを利用することも検討してほしい。

 自販機をようやく見つけたのは、豊前松山城址のある小高い山の手前。このあたりですでに出発から6kmを超え、暑さもあってかなり体力を消耗しだした。座って休める施設はなく、信号もない道なので立ち止まることすらない。これまで歩いてきたルートに比べ、圧倒的に過酷だ。

 それでもさらに5分ほど歩くと、ホテルなど商業施設の建物が見えてくる。近づいていくとコンビニも見えてきて、ようやく人心地がついたが、体力的にはもうヘロヘロだ。県道25号という大きな道路を右折すると、飲食店もちらほらと見られるようになってきた。

 ここからさらに1.5kmほど進み、朽網川という小さな川沿いに左折すると、ようやく朽網駅の入口に到着した。距離は約10km、所要時間は約2時間30分だった。

 とにかく今回のコースは過酷だ。海沿いとはいえ、コンクリートとアスファルトの上を歩き続けるため、夏場は水分補給が欠かせない。一方で冬場は強風が吹き荒れることが予想される。春秋も気温変動が激しそうで、服で上手く体温調節することが求められそうだが、大きい荷物を背負うには距離が長すぎる。

 前述のように、あらかじめバスの時刻を調べておいて、体調・体力と相談しながら、ギブアップも視野にいれて挑んだ方がいいと思われる。そんな過酷なルートだった。

(文=渡瀬基樹)

●渡瀬基樹(わたせ・もとき)
1976年、静岡県生まれ。ゴルフ雑誌、自動車雑誌などを経て、現在はフリーの編集者・ライター。自動車、野球、マンガ評論、神社仏閣、温泉、高速道路のSA・PAなど雑多なジャンルを扱います。