10年前から中国揚子江のコロナウイルス汚染水、日本海に流入していた可能性

 中国武漢発の新型コロナウイルスが猛威を振るっている。感染者も死者の発生も収まる兆しが見えない。当初、発生源は海鮮市場で売られていた野生のコウモリやヘビではないかともいわれていたが、特定には至っていないようだ。武漢といえば揚子江で獲れる魚介類を扱う最大の拠点である。ところが、上流に建設された三峡ダムによって水流や堆積物が変化し、近年、多くの魚に異常が見られるようになった。

 2010年以降、揚子江(長江)産の魚介類をさばいたり、食した人たちが次々に体調不良を訴え、病院で検査を受けたところ、何とコロナウイルスが検出されたのである。そのため、中国政府は揚子江で捕獲された魚介類350種の販売を禁止した。しかし、問題の海鮮市場ではそうした危険な魚や病原菌で汚染された水槽を相変わらず平気で使用していたようだ。

 要は、野生の動物の肉だけではなく、魚や水自体にも危険が潜んでいるというわけだ。いうまでもなく揚子江の水は東シナ海に注ぎ込み、太平洋にも日本海にもつながっている。中国は東日本大震災で発生した放射能汚染水が太平洋に流れ出ているため、日本近海で獲れた魚は危険性が高いので輸入しないといまだに厳しい制限を課している。しかし、中国国内の汚染水については対策を怠っているようだ。確かに、中国政府は揚子江の流域6300キロで捕獲される魚介類の販売を禁止しているが、その発生源となる三峡ダムの環境問題には正面から向き合おうとしていない。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク