ゲーム依存の裏に潜む「生きづらさ」という本当の問題…依存症患者の特徴と治療法の実態

 ゲーム依存症患者への「治療」はどのように行われているのか。2月23日に「ゲーミングの未来を考える会」による研究会が開催され、東京・蒲田のタカハシクリニックで精神保健福祉士としてゲーム依存治療に携わる齋藤広美氏が講演「ゲーム障害とはどんな病気か」を行った。

 依存の要因や回復のプロセスと、その際の周囲の注意点をレポートする(※タカハシクリニックのゲーム障害治療は16歳以上を対象にしている。また、日本では診断として「ゲーム障害」が正式に適用されるのは2022年からだが、記事内ではわかりやすさのため「ゲーム障害」と記載する)。

「ゲームのやりすぎ」を指摘するのはNG

 ゲーム障害の症状や問題は、本人より家族など周りの人のほうがよく見えているケースが多い。しかし、特に親から「ゲームをやりすぎているのでは」と指摘されると、本人は反発し、家族間の関係が悪化してしまい、効果的な治療にもつながらなくなってしまう。

 肝心なのは「本人が自分の視点から問題に気づくこと」であり、そこで齋藤氏が気づきのポイントとして挙げるのが「体の健康」だ。ゲームをやりすぎて肩がこる、首や頭が痛い、目がかすむ、運動不足でちょっと動いただけですぐ疲れる……こういった問題は「ゲームをやりすぎていること」よりも、本人も素直に受け入れやすい。体の健康に気を配るだけで、ゲーム障害の症状が大きく改善するケースもあるという。

ゲーム障害になりやすい3要素
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク