リクルート住まいカンパニーが運営するニュースサイト「SUUMOジャーナル(スーモジャーナル)」が発表した「『東京駅』まで60分以内、中古マンション価格相場が安い駅ランキング 2020年版」によると、1位は東武野田線の七里駅、2位はJR高崎線の桶川駅、3位は同じく高崎線の北本駅となった。テレワークが進む中で埼玉県千葉県の人気が表れた同ランキングについて、「SUUMO」副編集長の笠松美香氏に話を聞いた。

1位の七里駅は1050万円

――ランキングの結果から教えてください。

笠松美香氏(以下、笠松) 以下の通りです。今回、対象としたのは駅徒歩15分以内にあるファミリータイプの中古マンションです(駅/価格相場/沿線/所在地/東京駅までの所要時間/乗り換え回数)。

1位/七里/1050万円/東武野田線/埼玉県さいたま市見沼区/51分/1回

2位/桶川/1385万円/JR高崎線/埼玉県桶川市/50分/0回

3位/北本/1400万円/JR高崎線/埼玉県北本市/55分/0回

4位/白井/1515万円/北総線/千葉県白井市/50分/2回

5位/元山/1535万円/新京成線/千葉県松戸市/47分/1回

5位/天王台/1535万円/JR常磐線千葉県我孫子市/43分/0回

7位/三郷/1580万円/JR武蔵野線/埼玉県三郷市/45分/2回

7位/流山/1580万円/流鉄流山線/千葉県流山市/56分/2回

9位/北柏/1590万円/JR常磐線/千葉県柏市/44分/1回