《後編》太田光がもし本当に総理大臣になっていたら?

>>>前編より

マニフェスト3「インターネットを免許制にする」

 このマニフェストは、「インターネットは18歳以上の人間が教習所でルールやマナーを学び、免許を取った者だけが利用できる」「誹謗中傷、風説の流布、ポルノ掲示などを警察が取り締まり、自動車免許と同じく点数が引かれていき、累計によって免許取り消しもある」というもの。
 まずこれは、どう見ても言論の自由を規制する主張だ。中国ではネット上の書き込みを、政府の判断で勝手に削除したりしているが、早い話がそんな中国の状況を目指している。警察が取り締まるということは、そういう意味だろう。
 太田は「インターネット(電子掲示板)への書き込みを1文字100円とする」というマニフェストも提案したことがあり、特にネットの掲示板に対する反感が大きいようである。1文字100円となると、ツイッターで投稿できる文字数が140文字だから、ひとつのツイートで最大1万4000円かかることになる。そこまでして物理的に書き込みを制限させるというのは、普段の太田の主張からかけ離れた理想のない考え方に思える。

 太田なら、「人の悪口を言わない子供を育てる教育をするべき」と主張しそうなものだが、権力によって心の中にある悪口を表に出させないようにするというのでは、太田ファンも「太田総理なら理想を語れよ!」と思ってしまう。また、現状ではネット上のマナーは放置状態だが、ルールに違反すれば逮捕される法律は整備されている。
 例えば「太田の漫才はくそつまらない」という書き込みは取り締まれないが、太田に対する殺害予告の書き込みなどは犯罪として逮捕されるし、実際にされている。それなのにインターネットを規制したがるのは、自分のネタに対する批判を聞きたくないからではないか、と思われても仕方がないかもしれない。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

太田光のプロフィールを見る
ブッチNEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「太田光」に関する記事

「太田光」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「太田光」の記事

次に読みたい「太田光」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク