残業禁止を1年続けるとどうなるのか、匿名ブログが話題 「余計な仕事」が減り「意思決定が完全トップダウン」に

残業禁止を1年続けるとどうなるのか、匿名ブログが話題 「余計な仕事」が減り「意思決定が完全トップダウン」に

長時間労働や過労死が問題となる中、残業を禁止するなどして労働環境の改善を試みる企業も増えてきている。


そんな中、定時退社の導入を1年間経験した人物が10月22日にはてな匿名ダイアリーに寄せた「定時退社を導入するとどうなるか」という投稿が話題になっている。


■「その仕事がはたして定時に終わるか考えながら上司は命令しなければいけない」



投稿者が勤務する会社では、サービス残業や持ち帰り残業は禁止。定時になると会社から出されるという徹底ぶりだ。未だ従業員に長時間労働を強いる企業が多い現状を考えると、羨ましく映る。


だが、いい点ばかりではないようだ。残業禁止により労働時間が限られるものの、人員の補充はない。仕事量も締め切りも変わらないため、「余計な仕事」を減らすことになり、上司も気軽に命令ができなくなる。また、時間をかけずに仕事を進める必要が生じるため、部下も採用されるかわからないのに「こうした企画はどうですか?」と上に提案することがなくなる。やがて指示系統は必然的にトップダウン式になるというのだ。


投稿者は、定時退社制度を成功させるためには以下の4つの条件をクリアする必要があるとしている。


・会社の意思決定を完全にトップダウンにしないといけない
・部下は命令されたこと以外はやらないものと心得なければいけない
・その仕事がはたして定時に終わるか考えながら上司は命令しなければいけない
・会議・ミーティングは時間の無駄だから減らさなければいけない


あわせて読みたい

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年10月26日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。