Sexy Zoneはどこへ向かおうとしている? シティポップを参照した『ザ・ハイライト』から読み解く現在地
拡大する(全2枚)

Sexy Zoneはどこへ向かおうとしている? シティポップ...の画像はこちら >>



Text by 原里実
Text by ノイ村



2021年3月に発売されたベストアルバム『SZ10TH』以来、約2年4か月ぶりとなるSexy Zoneのアルバム『ザ・ハイライト』が2022年6月1日にリリースされる。



デビュー10周年を機にレーベルを移籍して以来、初のオリジナルアルバムとなる今作には、JQ(Nulbarich)、岡崎体育、STUTS、butaji、iriといった個性豊かな顔ぶれが楽曲提供アーティストとして名を連ねる。



デビュー当時、平均年齢14.4歳という歴代最年少で活動をスタートしたSexy Zone。11年目の彼らは現在、何を見据え、どこに向かおうとしているのか? アルバムのテーマやタイトル決定、提供アーティストの人選などにもメンバーみずからが携わったという渾身の一枚を、音楽面から紐解く。



Sexy Zoneはどこへ向かおうとしている? シティポップを参照した『ザ・ハイライト』から読み解く現在地

Sexy Zone
左から:菊池風磨、松島聡、佐藤勝利、中島健人(マリウス葉は現在休養中)



どこからどう見たって1970年代から1980年代を席巻した伝説の某音楽番組としか思えないロゴや、敢えてカタカナ表記で記載された「セクシーゾーン」という文字列、そしてNight Tempoの作品群のアートワークを手がけていることで知られるtree13氏によるジャケットに至るまで——いまのSexy Zoneがいったい何をしようとしているのかは6月1日にリリースされる最新アルバム『ザ・ハイライト』のジャケットを見れば一目で察知することができる。


この記事の画像

「Sexy Zoneはどこへ向かおうとしている? シティポップを参照した『ザ・ハイライト』から読み解く現在地」の画像1 「Sexy Zoneはどこへ向かおうとしている? シティポップを参照した『ザ・ハイライト』から読み解く現在地」の画像2