俳優の斎藤工が主演を務め、女優の上野樹里がヒロイン役で出演するNetflixドラマ『ヒヤマケンタロウの妊娠』が、4月21日より配信されることが決定。本予告と場面写真が解禁された。

【動画】斎藤工&上野樹里『ヒヤマケンタロウの妊娠』本予告

 坂井恵理による同名コミックを実写ドラマ化する本作は、男性が妊娠・出産する世界を舞台にした社会派コメディドラマ。「妊娠」をきっかけに、今まで見えなかった社会に潜むさまざまな問題に直面した主人公が、奮闘しながらも徐々に自分自身や周囲の人々を変えて成長していく姿を描く。監督を務めるのは、『ブルーアワーにぶっ飛ばす』の箱田優子と『ハローグッバイ』『望郷』の菊地健雄。

 “スマートに生きる”ことを信条に広告代理店の第一線で仕事をバリバリこなすハイスペック男子の桧山健太郎(斎藤)は、ある日突然、自分が妊娠していることを知る。彼のパートナーでフリーライターの瀬戸亜季(上野)も自分が親になることは考えていなかったため、想定外の出来事に2人は戸惑う。

 紆余曲折を経て、桧山と亜希は出産を決意。しかしそんな2人は、社会から向けられる予想外の眼差しや妊娠によるキャリアの壁、そして“妊娠した男性”への偏見を身をもって体験することになる…。

 本予告は、仕事も遊びも軽やかにこなし人生を謳歌する桧山に、<突然の妊娠>という予想外の出来事が起こるシーンから幕を開ける。つわりで仕事に支障をきたし、妊娠したことを伝えられず上司ににらまれ、さまざまな身体の変化にも困惑する桧山。一方、パートナーの亜季も事実を知り激しく動揺するが、友人の「男性が生んでくれるなんていい時代じゃん!」の一言に打算も働き、桧山に産むことを提案。話し合いの末、出産を決意する。

 映像にはそのほか、脇を固める、筒井真理子リリー・フランキー岩松了高橋和也ら個性派俳優陣が登場する場面も。妊娠し、これまでの先入観や周囲の無理解と対峙することで自身の中にもある“無自覚の偏見”に気が付き、考え、亜希とともに成長していく桧山。終盤の「“らしさ”って何なんですかね? 父親らしさ。母親らしさ。そういうので、人をしばる必要って、なくないですか?」という桧山のセリフも印象的な、彼らの運命の行方に興味が高まる予告編に仕上がっている。

 場面写真は、桧山と亜希がさまざまな問題に直面しながらも、奮闘する姿を切り取ったものとなっている。

 ドラマ『ヒヤマケンタロウの妊娠』はNetflixにて4月21日より全世界同時独占配信。