2006年に公開され、今もファンから愛される映画『プラダを着た悪魔』。先日、主役のアンディを演じたアン・ハサウェイが続編はないとコメントしたが、エミリー・ブラントは続編に前向きなようだ。



【写真】エミリー・ブラントは続編に乗り気! 『プラダを着た悪魔』場面写真

 本作は、ローレン・ワイズバーガーの同名ベストセラー小説を元に、デヴィッド・フランケル監督が映画化したお仕事映画。有名ファッション誌の編集長のアシスタント職についたアンディが、公私の区別なくこき使う鬼編集長の要求にヘトヘトになりながらも、仕事の楽しさに目覚めていく様子が描かれる。鬼編集長ミランダをメリル・ストリープが演じ、エミリー・ブラントの姉フェリシティ・ブラントと結婚したスタンリー・トゥッチも出演。エミリーは先輩アシスタントを演じた。

 Peopleによると、エミリーが米ABCのトーク番組『ザ・ビュー』に出演し、続編について言及。「グリーンのアイシャドウは最悪だけど…」とジョークを交えて、「あのファッション。
大好きだった。あのメンバーとまた共演するためなら、迷わず出演する。すごく楽しいと思う」とコメントしたそうだ。

 ちなみに、主演のアンは先日同じ番組に出演した際、「続編が出来るかは分からない。ただ、あの映画は違う時代の映画だと思う。今は全てがデジタルだけど、映画で描かれるのはもっと身体を使ってモノづくりを行うことがコンセプトだった。
だから全然違うと思う」と話し、続編を否定していた。