6月9日に日本公開されたディズニー映画『リトル・マーメイド』が、週末ランキングで初登場1位を記録。併せて、アリエルとエリックの恋を盛り上げる「キス・ザ・ガール」の本編クリップが解禁された。



【動画】セバスチャン、スカットル、フランダーがアリエルとエリック王子の恋を応援 「キス・ザ・ガール」本編クリップ

 日本公開に先駆けて公開されたUSでは、初日の金曜を含めた3日間の興行収入が約9550万ドル(日本円で約133億円)を突破し、『アラジン』を超える全米No.1のヒットスタートを記録した。

 日本では、公開3日間で興行収入7億1180万円、46万1131人を動員し、週末ランキングで初登場第1位を記録。プレミアム吹替版には、ハリー・ベイリー演じるアリエルの役に相応しい歌姫として抜擢された豊原江理佳を筆頭に、声優界、ミュージカル界で活躍中の実力派がそろっている。

 美しい歌声をもち、人間の世界に憧れている人魚アリエル。掟によって禁じられているにもかかわらず、ある日人間の世界に近づき、嵐に遭った王子エリックを救う。この運命の出会いによって、人間の世界に飛び出したいという彼女の思いは、もはや抑えきれなくなる。


 このたび本編クリップが解禁された「キス・ザ・ガール」は、アリエルの海の仲間たちであるセバスチャン、スカットル、フランダーがアリエルとエリック王子の恋を応援する曲。アリエルとエリックのキスを促す様子を描いた楽曲で、「アンダー・ザ・シー」のような口ずさみたくなるシーンの1つとなっている。

 映像は、美しい水辺のボートに乗るアリエルとエリックのシーンから始まる。音楽でムードを盛り上げるのはお手のものと自負するセバスチャンの指示のもと、垂れ下がる葉と枝の間には蛍のような光が舞い、ボートの周りを周遊する魚たちが水を使った演出で幻想的なムードを醸し出す。

 この楽曲をプレミアム吹替版で歌うのは、アリエルのお目付け役であるカニのセバスチャン役の木村昴、陽気で騒がしいカツオドリのスカットル役の高乃麗、アリエルの親友で冒険を共にしてきたフランダー役の野地祐翔。ロマンティックな中にユーモアさも垣間見られるディズニーの名曲「キス・ザ・ガール」を優しくも楽しく歌い上げている。


 映画『リトル・マーメイド』は全国公開中。