ジェイダ・ピンケット=スミスが、2022年のアカデミー賞で脱毛に悩む彼女のヘアスタイルをジョークにし、夫ウィルから平手打ちされたクリス・ロックとの関係を告白。騒動の直後に謝罪を受けたことや、過去にデートに誘われたことを明かした。



【動画】ウィル・スミス、初めてテレビで平手打ち事件を語る

 ジェイダがこの度Peopleのインタビューで、「ステージを降りてすぐ、『傷つけるつもりはなかったんだ』と謝りに来てくれた」とコメントし、2022年のアカデミー賞で騒動が起きたあと、クリスはすぐに謝罪してきたことを明かした。しかし彼女は、2016年のアカデミー賞にまつわる確執が原因だと思い、彼とその場で話をしなかったそうだ。

 2016年のアカデミー賞では、演技賞の候補の枠を白人俳優が占め、多様性に欠けると非難を受けた。ジェイダも声を上げ、授賞式のボイコットを宣言したが、この年の司会者に決まっていたクリスは降板しなかった。代わりにステージで多様性の欠如をジョークを交えて批判。さらに、ジェイダについても、ノミネートもされていないのにボイコットをするのはおかしいと、ネタにしていたのだ。


 「2016年のアカデミー賞の件で、たぶん私とクリスの間には誤解があった。私に悪意はなかったけれど、彼はそう感じていなかったんじゃないかな。誤解があると思う」「彼が謝り、私も謝った。関係は回復し、問題は解決したかと思ってた。それ以来、2022年の騒動まで話していなかった」。そういった背景のもと、起きたのがあの騒動だった。


 ジェイドは2022年のオスカー騒動以降クリスとは会っていないといい、「クリスに会いたいとは思わない。私の希望は、この件にまつわる誤解がすべて解け、和解すること」と話す。クリスのジョークに関しては、「あれがコメディアンの仕事」「誰のことも批判するつもりはない。これまで何度も、傷ついたと言ってきたのは確か。クリスの発言で傷ついた。だけど結局、スポットライトを浴びることは、この仕事の一部でもある」と答えている。


 さらにこのインタビューでは、過去にクリスからデートに誘われたことがあることも告白。「毎年のように、私とウィルの離婚が取り沙汰された。ある夏、クリスは私たちが離婚すると思ったのよね。電話してきて、『デートに誘いたい』という内容のことを言ってきた。だから、『どういう意味?』と聞いたら、『ウィルと離婚するんだろ?』と言うわけ。私が『違う。
ただの噂』と答えると、彼はショックを受けてた。思いっきり謝ってくれて、それでこの話は終わりになった」と明かしている。

 なおジェイダは、ウィルと7年前から別居していることを公表。「2人の関係を模索している最中だから、人にどう説明してよいか分からなかった」と隠してきた理由を述べている。