本日6月17日は、子役としてスタートを切った鈴木福の20歳の誕生日。鈴木といえば、同学年には同じく人気子役が多数の当たり年だった。

今回はそんな鈴木福ら、2004年4月~2005年3月生まれ同学年の元子役たちの現在をまとめた。

【写真】鈴木福、芦田愛菜も 子役”黄金世代”の現在

■ 鈴木福

 2006年、わずか1歳で芸能界デビューし、ドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系)で大ブレイクを果たした鈴木。抜群の演技力と愛きょうあふれるキャラクターは製作者からの支持も厚く、実写版映画『銀魂』シリーズで知られる福田雄一が演出を手がけた映画『コドモ警察』に単独主演。18歳だった2022年には、情報番組『ZIP!』(日本テレビ系/毎週月~金曜5時50分)内の朝ドラ「泳げ!ニシキゴイ」に出演したほか、出演した舞台『きっとこれもリハーサル』も上演された。さらに、今年2月にはエースコックの新商品「福福彩菜」新テレビCMにて、金メッシュに革ジャン、ヒゲというワイルドな姿を披露。これまでとのギャップを活かし、世間を驚かせた。


■ 芦田愛菜

 2010年放送のドラマ『Mother』(日本テレビ系)で一躍注目を集め、鈴木と共演したドラマ『マルモのおきて』で大ブレイクを果たし、“天才少女”の名をほしいままにした芦田愛菜。以降もテレビドラマや映画への出演を続け、現在はバラエティ番組のMCからCMまで多数出演。今年1月クールでは、ドラマ『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』(TBS系)で西島秀俊と父娘役で共演を果たした。鈴木とは実は誕生日がわずか6日ちがいで、今月23日に成人を迎える。

本田望結

 2011年放送のドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ系)への出演で人気を集めたのが本田望結。ドラマや映画、バラエティ番組などの芸能活動と並行して、3歳から始めたというフィギュアスケートでも輝かしい成績を残しており、2020年6月にはフィギュアスケート選手としてプリンスホテルに所属登録するに至った。
昨年は連続テレビ小説『らんまん』(NHK総合ほか)に出演した。今年秋には、約9年ぶりとなる主演映画『カーリングの神様』の公開が控えている。本田も鈴木、芦田と同じく今月20歳になっている。

■CMでおなじみの女優、留学帰りの“元・月9子役”も

鈴木梨央

 鈴木梨央は、2013年放送の大河ドラマ『八重の桜』(NHK総合)で主人公・八重(綾瀬はるか)の幼少期を演じて注目を集めると、同年放送の『Woman』(日本テレビ系)で主演を務めた満島ひかりの妹役でブレイク。2015年にスタートし、現在も続いている「ポカリスエット」のテレビCMでは吉田羊と母娘を演じ、テレビですっかりおなじみの存在となっている。来月には出演する特撮映画『カミノフデ ~怪獣たちのいる島~』の公開が控えている。


小林星蘭

 2009年に放送された「カルピス」のテレビCMで、一躍注目を集めた小林星蘭は、以降も女優としてテレビドラマや映画に出演。近年は声優としても活躍していて、2018年放送のテレビアニメ『若おかみは小学生!』では主人公役に抜てきされ、同年の劇場版でも主演を務めることに。2021年にはバラエティー番組『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で劇的イメージチェンジを果たし、話題を呼んだ。インスタグラムの更新をしており、「ずーっと行きたかったパフェのお店!」と笑顔のショットを公開している。

谷花音

 谷花音は、2011年放送の月9ドラマ『全開ガール』(フジテレビ系)への出演で脚光を浴び、NECのテレビCMでブレイク。ドラマへの出演が相次ぐ中、2017年は劇場アニメ『夜明け告げるルーのうた』で主演を務めた。
その後アメリカ留学を経て、2022年には相葉雅紀主演の舞台『ようこそ、ミナト先生』にも出演している。誕生日を迎えた今年5月には、「谷花音、20歳になりましたーーー! いよいよ20代の仲間入りです」「今まで以上に自分の行動に責任を持ち色々な事にTRYし邁進していきたいと思います」と、バースデーケーキを前に笑顔を浮かべる姿を公開している。

引用:
「小林星蘭」インスタグラム(@k_seiran_ta)
「谷花音」インスタグラム(@t_kanon_ta)