富田望生、“容姿”がテーマの作品に前向き 「求められることがうれしい」

富田望生、“容姿”がテーマの作品に前向き 「求められることがうれしい」
映画『私がモテてどうすんだ』富田望生インタビューカット クランクイン!
       
 安定した演技力と異色の存在感で、若手女優のなかでも異彩を放つ富田望生。現在6クール連続で連ドラに出演中の彼女が、同名人気コミックを映画化したラブコメ映画『私がモテてどうすんだ』では、大好きなアニメキャラが死んだショックから1週間寝込み、激ヤセして急にモテ始めるBL(ボーイズラブ)好きのヒロイン・芹沼花依を、E‐girlsの山口乃々華と2人1役で演じている。弱冠20歳ながら、本作を含め“容姿”をテーマとしている作品への出演が相次いでいることについて、富田は「求められることがうれしい」と前向きにとらえている――。

【写真】富田望生、にっこり笑顔がかわいいインタビューカット

■ 最初は分からなかったけど…現場で理解できたBLの魅力

 「これまでにもキラキラした青春を描く作品はありましたが、友情やスポーツがテーマだったので、こうした分かりやすくイケメンやかわいい子が出てくる恋愛作品は初めてでした。新鮮で楽しかったです」と振り返る富田。山口演じる激ヤセ後のヒロインにアプローチするイケメン4人衆には、吉野北人、神尾楓珠、伊藤あさひ、奥野壮が扮する。

 「現場ではみんな仲良しでした。私自身は、花依のようにBLに惹(ひ)かれる気持ちが、最初は分からなかったんです。でも、やっぱりイケメン同士が仲良くしているのを見るのは単純に楽しいし、気分がいい(笑)。カメラの外でも、撮影期間中に楓珠と、あさひくんがお泊りしていたと聞いて、花依ちゃん的に『なんていい情報なんだ!』と思ってました。『今日も泊りに行くんだよ』なんて、すごくありがたい情報を、彼ら自身がいろいろしゃべってくれるので、『へえー』なんて聞き流しながら、内心ニヤリと(笑)」。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月5日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。