【「半沢直樹」シリーズ最新刊、 作家・池井戸潤氏インタビュー】 より深く、人間を見つめる。 『アルルカンと道化師』は、 今だから書けた物語かもしれない。

       

ドラマのセカンドシーズンも、いよいよ大詰めの『半沢直樹』。
ドラマ原作の『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』に続き、
シリーズ最新作『半沢直樹 アルルカンと道化師』が9月17日に刊行された。
躍動感のあるエンタテインメントの筋立ての中で、人物の心情に迫った物語は、どのように造形されたのか。刊行開始から12年を経た現在、池井戸潤氏に、新作とシリーズへの思いを尋ねた。
(撮影/小林 司、文/大谷道子)

銀行員としての肌感覚を取り戻す
半沢直樹・原点回帰の物語

――コロナ禍により7月スタートとなったドラマ『半沢直樹』第2シーズン。視聴率も反響も予想を上回り、毎週、世を席巻しています。原作者として、どのようにご覧になっていますか。

池井戸潤氏(以下、池井戸) 毎週観ていますが、シナリオがほとんど役に立っていないドラマですよね(笑)。一応僕のところにも送られてくるので台本には目を通しているんですが、放送を見ると「あれ? こんな場面あったかな」と。で、調べてみると、やっぱりない。香川照之さんが演じる大和田の《施されたら施し返す。恩返しです》も《おしまいdeath!》も、伊佐山(市川猿之助・演)の《詫びろ詫びろ詫びろ……》もありません。誰がどう決めてああなっているのかまったくわかりませんが、あまりにも変わるから僕にも先が読めなくて、それはそれで面白いなと思って。毎週、楽しんで見ています。

――原作第3作の『ロスジェネの逆襲』編が終わり、現在は航空会社の再建をモチーフにした『銀翼のイカロス』編を放送中。しかし、9月6日にはドラマ本編の収録が間に合わず放送が延期され、代わりにキャストやスタッフによる生放送トークを急遽代替放送されました。それでも、22パーセントを超える高視聴率です。


あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「【「半沢直樹」シリーズ最新刊、 作家・池井戸潤氏インタビュー】 より深く、人間を見つめる。 『アルルカンと道化師』は、 今だから書けた物語かもしれない。」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    TBSと電通が、コロナとオリンピック不発でかなり追い込まれてて、必死に動画サイトに誘導しようとしてドラマを無理やり持ち上げてるけど、加入者ほとんど増えてないらしいね

    0
  • 匿名さん 通報

    あれでしょ「ドラマでは負けません」だっけ。 ドラマをごり押ししてるって自分達でバラしてて、その流れで不自然な高視聴率の連発だもんなほんと胡散臭いね

    0
  • よしお 通報

    まあ電通は持続化給付金、TBSは一連の番組ヤラセと文春のレコード大賞買収の件とかあるから、生き残る為なら何でもやるでしょ

    0
この記事にコメントする

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月18日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。