新型は何を目指した?「敵は己だ!」 開発責任者が語ったシビックタイプR
拡大する(全1枚)
2022年1月14~16日に開催された東京オートサロン2022では、2022年内に発売予定の新型シビックタイプR プロトタイプが初公開された。テスト車と同じ擬装が施された新型のプロトタイプ車は、スペックなどはすべて非公表。そんななかで開発責任者の柿沼秀樹氏に、新型の詳細について突っ込んでお話を伺った。

【画像】新型シビックタイプRプロトタイプ

■新型の目指すところは?

「てっぺんです。FF車とかいうくくりよりも、ホンダの考える究極のスポーツとして。まあ、その前提としてはFFという、シビックが誕生からずっと大切にしてきたM・M(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想のもとのF車としてのスポーツを究極に極める、そこが目指すところです」

■NSX、S660の生産終了という動きのなかで、このクルマはホンダのフラッグシップスポーツですよね?

「はい、そうです。ホンダとスポーツというのは切っても切れないじゃないですか。その1つはモータースポーツ。では、それをお客様にお届けする四輪の商品として、ホンダが大切にするスポーツを象徴して作っているのが、シビックタイプRであると思っています」

■何馬力ぐらい目指しているのですか?

「馬力は手段なので、何馬力を目指すというよりも、先代(320ps/40.8kgm)よりも意のままに、クルマを操るための制御性というんですかね、いかに“人”中心で、人が思ったとおりに自信をもって操れる、そこを究極にしようと。新型のコンセプトは、“アルティメット・スポーツ”という言葉なんですけれども、とにかく“てっぺん”。スポーツ性能を究極に磨き上げて、というのを大切にして作っています」