bit

仏像をもっと知りたくなる“仏像ガール”の本

仏像をもっと知りたくなる“仏像ガール”の本
『仏像の本』(仏像ガール 廣瀬郁実/山と渓谷社)。
ここ数年、仏教美術、仏像ジャンルの本がよく売れ、仏教に関心を寄せる人が増えているのだという。

そんな中、他を圧倒し、今ダントツで売れているのが秋に山と溪谷社から刊行された『感じる・調べる・もっと近づく 仏像の本』(仏像ガール著)だ。
アマゾン(Amazon.co.jp)の仏教美術部門で10月28日の初登場から第一位を獲得するという快挙を成し遂げた。

仏像ガールというユニークな名前を持つのは本名、廣瀬郁実さん。
父親の死をきっかけに仏像と出会い、上智大学比較文化学部日本文化学科で仏教美術を学んだという本格派。
仏像ブームに先鞭を付けたNHKの『にっぽん 心の仏像』に出演して以来、マスコミ、仏教関係者はもちろん、多くの人々の注目を集めることとなった。
子供からお年寄りまで誰でも楽しめるわかりやすい解説と、かわいらしいイマドキの風貌も相まってその人気は高まる一方だという。

仏像ガールこと廣瀬郁実さんが仏像に出会ったのは高校生の時。父親を亡くしたことがきっかけだったという。中でも最も衝撃的な出会いは三十三間堂の観音様たち。
そんな自分が味わった感動を多くの人々に味わってもらいたい、仏像の素晴らしさを知ってもらいたい、と仏像ナビゲーターとして活動するようになったという。

さっそく山と溪谷社の担当者、武藤郁子さんに話を聞いた。

「本書が今までの仏像の本と一線を画すのは、知識は後回し、まずは感じてみてください、というつくりになっているところでしょうか。ですから、まず第一章では先入観なしに仏像さんの目を見たり、口を見たりしていただくような構成になっています。第二章以降でも見出しなどには難しい言葉は使っていません。例えば『パンチパーマのよう』『胸の前でOKの手をしている』といったように、そのカタチから誰でもその意味がわかっていただけるように考えてつくってあります」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2008年12月5日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら