review

〈『ミミア姫』の田中ユタカインタビュー前編〉「電子書籍で作者と読者の関係が変わり始めた」

〈『ミミア姫』の田中ユタカインタビュー前編〉「電子書籍で作者と読者の関係が変わり始めた」
三巻が546ページの大ボリュームで完結した『ミミア姫』は、田中ユタカ氏の集大成とも言える作品。美少女漫画、一般誌、ケータイコミックなど様々なメディア中で人間の生きる様を描く作者に聞く!
田中ユタカの長編『ミミア姫』最終巻が9月22日に発売になりました。
3巻は厚さにして普通の単行本の倍以上の4cm近く、546ページになっています。愛蔵版ではない通常単行本としては異例なボリュームのこの3巻、加筆修正は200ページ以上に及びます。
1992年からマンガを描き始め、現在は一般誌もエロも両方描く作者。エロマンガでは一部ファンに「永遠の初体験作家」と呼ばれ、少年少女の繊細な心理描写が高い評価を得ました。

数多くのファンから強い支持を受けている田中ユタカ氏に、今回は『ミミア姫』完結にあわせてインタビューをしました。氏はインタビューに関しても真剣に向きあい、質問に対しての解答を無数のメールで送り返し続けてくれました。思いの詰まった言葉の数々を、たっぷり前後編で掲載します。

田中ユタカプロフィール:1992年デビュー。人間の純愛を描き、多くの読者に支持された。代表作『愛人[AI-REN]』『愛しのかな』『初夜』『もと子先生の恋人』『ミミア姫』など。
田中ユタカのページ(公式サイト)
twitter/田中ユタカ


――漫画を描きはじめたきっかけはなんですか?

田中 描き始めたのは、ちゃんと働こうと思ったからです。働いて生活のお金を自分の手で稼ごうと。マンガなら今すぐ何も手元になくても一人でも始められると思って。マンガは好きでしたし、よく絵は描いたりしていましたけど、いわゆる「マンガ少年」ではなかったと思います。同人活動の経験もなかったですし、まとまった作品を描いたこともありませんでした。自分にとってマンガを描くことは趣味でも楽しみでもなく社会参加のための手段でした。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2010年10月22日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース