bit

体に一眼レフを立てて撮影できるホルダー

体に一眼レフを立てて撮影できるホルダー
『ユニバーサルホルダー UN-5748』(ユーエヌ販売)。付属品ベルト・ポーチ、価格1万9800円。
       
大きな一眼レフカメラはコンパクトカメラのようにポケットに入れて持ち歩くわけにはいかない。ストラップで肩や首からぶら下げて撮影することが多いと思う。だが、そんな常識を覆すアイテムがこのほど登場した。なんと、体にカメラを固定してしまうというのだ。果たして、どんなものか!?

これまでカメラを固定する機材をコネタで様々紹介してきた。関節がタコのようにクネクネ曲がる三脚『ゴリラポッド』、吸盤で壁面などに貼り付く『FAT GECKO』、ワイヤーを伸ばしてカメラを固定する『SteadePod』など。しかし、今回はこれらとはまた一味違っている。というのも、手すりや壁面といった物ではなく、基本的に体に固定して使うことが前提になっているのだ。

それは、『ユニバーサルホルダー UN-5748』(ユーエヌ販売)という製品で、フックで肩に引っ掛けると同時にストラップで体に固定。そして、その先に付いている雲台に一眼レフカメラを設置する。関節は三箇所、それぞれネジ式になっており好みの角度に固定する。またスライダーでフレームを移動することで、カメラの上下位置を調整できる。

説明はざっとこのような感じ。つぎに実際に試してみる。300mm F4の大望遠レンズを使って撮影してみた。このクラスのレンズになるとかなり重量があるので、手持ちで長時間はキツイし、ブレやすい。なので、ふつうは三脚で固定して使うところだが、その代わり『ユニバーサルホルダー』で体に固定した。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年11月28日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。