review

最後の生存戦略!?「輪るピングドラム」最終回オールナイト上映会レポ。幾原監督の次回作は……?

2011年の日本アニメ界を代表する話題作「輪るピングドラム」。その最終回を、映画館でリアルタイム上映するオールナイトイベントが、聖地・池袋のシネマサンシャインで開催されました。
400枚のチケットは、わずか5分で完売。激しいチケット争奪戦を勝ち抜いた幸運なファンしか参加できなかったこのイベントを、速報レポートします!

イベントのスタートは12月23日の夜11:00。深夜のイベントにも関わらず、満員の客席の約7割が女性ファンでした。
TBSでの最終回放送開始と同時に、スクリーンで最終回を上映するこの企画。放送が始まる2時54分までの時間は、豪華出演者によるトークやベストセレクション回の上映が行われます。
まずは、司会役のキングレコード池田慎一プロデューサーの呼び込みで、高倉冠葉役の木村昴さん、高倉晶馬役の木村良平さん、荻野目苹果役の三宅麻理恵さん、幾原邦彦監督が壇上に登場。トークパート第1部が始まりました。

視聴者と同じように、先の展開はまったく聞かされてなかったというキャスト陣。スタジオでは、謎解きトークが盛り上がったのだとか。

木村良「監督は、僕らがどんな予想を言っても『そうかもしれないねえ』って」
木村昴「一番驚いたのは、監督に『来週、こうなりますか?』って聞いたら、『それ良いね!』って言われた時(笑)。あれって、生かされたんですか?」
幾原監督「いや。翌週は無理だよね(笑)」
木村昴「ですよね(笑)。あと、最終回のことを予想していろいろと話しても、必ず『それもありだな~』って仰ってましたよね」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク