review

書評家・杉江松恋が読んだ! 第146回芥川賞候補作品、ほんとうに凄いのはこれだ!

       
来る月曜日、1月17日に第146回芥川賞・直木賞が発表される。ご存じの通り、出版界最大のお祭り騒ぎの幕開けである。このときだけはマスメディアが、あるかないかわからない「文壇」をあることにして大騒ぎする。お祭りはいいね、楽しいから。
でもいちばん楽しいのは、自らそのお祭りの中に飛びこんでみることだ。自分でも候補作を読んで「心の受賞作」を決めてみるのである。楽しいよ、これ。
以下に芥川賞候補5作のレビューを記載する。ぜひ、お祭り参加の参考にしてもらいたい。ちなみに予想は大森望・豊崎由美両氏の「メッタ斬り」チームにお任せして、私は楽しむことに専念させてもらいました。ではいくよ。

*1/17の芥川賞直木賞の受賞作発表をうけての感想レビューはこちら

「きなりの雲」石田千(「群像」10月号掲載)
小説の主舞台は築47年という古いアパートだ。主人公のさみ子は、時代の流れに取り残されたようなその建物で暮らしている。恋人のじろうくんにふられて半年も引きこもりの生活を続けたさみ子は、身体に変調を来たしたのを機にゆっくりと社会復帰を始める。ちゃんとしたものを食べて体力を養い、歩いて外出する。知人の主宰する手芸教室にも講師として復帰した。そこの教え子たちに元の通り迎えられ、ゆるやかに時計の針が動き出したころに、さみ子はじろうくんからの電話を受ける。
植物と、食事と、毛糸。「きなりの雲」のストーリーを飾るのはその3つの話題だ。周囲の世界とは違う時を刻むアパートでの、しかも身体の衰弱から回復して次第に生の勢いを取り戻していくさみ子の生活は、光合成によって自身を太くしていく植物のそれを思わせる。食事の果たす役割は言わずもがな。そして毛糸は、時の流れの象徴だ。元の会社では先輩だった玲子さんから受け取った毛糸は、専門家のさみ子でも使いこなすのが難しいものだった。いや、糸に言うことをきかせようとしてはいけないのだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「芥川賞」に関する記事

「芥川賞」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「芥川賞」の記事

次に読みたい「芥川賞」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年1月13日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 芥川賞 高橋弘希

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。