笛吹けど踊らぬ日本のポップカルチャーの輸出振興。そんな中で昨年、彗星のように登場し、大ニュースとなった音楽アルバムがありました。ご存じ由紀さおり&ピンク・マルティーニの「1969」です。世界約30カ国で発売・配信され、欧米を中心に大ヒット。11月にはイギリスの名門、ロイヤル・アルバート・ホールでリサイタルまで開催されました。

なんたって日本語の歌謡曲ですからね。マンガやアニメ、映画、音楽など、日本のポップカルチャーが海外進出する上で、最大の壁となるのが言語です。唯一ゲームが世界を席巻できたのも、一つには言語を必要としない、触覚的なエンタテインメントだったから。それが最近ではリアルな表現が可能となったことで、逆に文化的嗜好の違いが際立つようになり、世界シェアが縮小中。だからこそ、みんなビックリしたわけですよ。

ところで、これだけ話題になった「1969」ですが、皆さんアルバムを購入しました? 実は一番売上が小さいのが、お膝元の日本だったりして......? ま、真相はさておき、これだけ海外で話題になったのに、一度も聴いてないってのも寂しい話ですよね。えっ? 近所の音楽店や量販店に在庫がないって? やだなあ、時代はダウンロード配信じゃないですか。家にいながらにしてポチっちゃいましょう。

この時iTunesでも良いんですが、iPod/iPod touch/iPhoneユーザーでなければ使いにくいのも事実。そこで、それ以外のメディアプレイヤーをお持ちの方は、

この記事の画像

「由紀さおり「1969」はなぜ海外で大ヒットしたのか」の画像1 「由紀さおり「1969」はなぜ海外で大ヒットしたのか」の画像2 「由紀さおり「1969」はなぜ海外で大ヒットしたのか」の画像3