review

落語は死なない『待ってました! 花形落語家、たっぷり語る』

       
落語は死なない。
2001年秋、世紀末のよくわからない喧騒がようやく過ぎ去り、見えない荷物を下ろしたつもりになっていたときに、その報道を聴いた。
10月1日、3代目古今亭志ん朝死亡。享年63。
辛い報せであったことは間違いない。だって太陽のような人気者だったのだから。前にも書いたように、それはいわゆる何かの「終焉」を悼むような哀しみだった。何が終わるのかといえば、東京落語という1つの芸能ジャンルだ。
しかし、終わらなかったのである。
それどころか、お釣りをもらえるほどの勢いをつけて盛り返した。落語ファンを自認する人の半数は認めてくれると思う。立川談志が奮起したからだ。
「オレが金を払って聴きたい落語家は志ん朝だけ」
そういう言葉でライバルの技量を認めていた談志は、お通夜のような世間のムードに叛旗を翻した。何を言いやがる、と。生前に立川流顧問の地位に就いていた色川武大は、若いころの談志を聴き、「談志は60代の高座をターゲットにしている」と評した。その指摘は当たり、60代に人生で何度目かの絶頂期を迎える。その60代も真っ盛り。元気なころだった。独走する談志はあらゆる意味で若手落語家に刺激を与えた。技芸の鍛錬だけではない。セルフ・プロデュースの手法、深く穴を掘りながら同時に領土を広げるやり方、後進への背中の見せ方。そうした影響を有形無形で与え続けたのが2000年代の立川談志である。

2011年11月21日にその談志が没した。その衝撃がまだ癒えない時期に吉川潮のインタビュー集

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「又吉直樹」のニュース

次に読みたい関連記事「又吉直樹」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年1月31日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。