review

消えてしまった13代目前田敦子?〈「AKB0048」河森正治総監督に聞く1〉

消えてしまった13代目前田敦子?〈「AKB0048」河森正治総監督に聞く1〉
「AKB0048」では、総監督と原作を務めている河森正治さん。脚本&シリーズ構成を務める岡田麿里さんとは、先日、最終回を迎えた「アクエリオンEVOL」でも名コンビぶりを発揮していました。「「アクエリオン」シリーズに不動司令というキャラクターがいて、主人公たちにとんでもない無茶ぶりをするんですけど。無茶ぶりをされて、特訓して、それに対する回答を出すという構造が、AKB48も非常に似ているんですよ。リアルでやられてた、と思いました(笑)」(河森総監督)
「超時空要塞マクロス」のリン・ミンメイ。「マクロスF」のランカ・リー&シェリル・ノーム。アニメ史に残るアイドルたちを生み出してきた河森正治が、国民的アイドルのAKB48を題材に、まったく新たなアイドルの姿を描く「AKB0048」。芸能が禁止された近未来の世界で、伝説のアイドルAKB48の名前と魂を受け継いだAKB0048が、弾圧勢力と戦いながら、様々な星のファンへ歌を届けに行くという、斬新な設定で話題の作品です。最終回(第13話)まで残り2話と、クライマックス真っ直中の今、河森総監督にインタビュー。前後編の前編は、「AKB0048」の企画立ち上げ時のエピソードから語って頂きました。
あ、7月から放送がスタートした地域の人はネタバレもあるので注意。11話までを見てから、また読みに来て下さい!

ーー元々、僕はAKB48に関してはあまり興味も知識も無くて。河森監督の新作ということで、「AKB0048」を見始めたんです。
河森 本当に? ありがたいですね。そういう人の感想を、あまり聞けてないので(笑)。
ーー逆に「AKB0048」を見始めてからAKB48にも興味を持って。ドキュメンタリーを見たり、ネットで調べたりしました(笑)。
河森 すごい理想的なパターンだなあ(笑)。逆に、AKB48ファンの人がアニメに興味を持ってくれたりとか、そういう相互乗り入れが起きたら嬉しいと思っていたんですよ。
ーーメカやバトルといった、河森監督テイストが織り込まれていて、AKB48を知らないアニメファンの僕でも、すごく物語に入りやすかったです。ただ、AKB48を題材にしたアニメを作る場合、他にもいろいろな選択肢はあったと思うのですが。どういった経緯で、現在のような作品になったのでしょうか?...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2012年7月12日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース