review

ぶるぶる揺れるのには理由があった「織田信奈の野望」監督に聞く1

7月から放送スタートしたテレビアニメ「織田信奈の野望」。主人公、相良良晴は突然400年前、戦国時代の日本にタイムスリップ。戦国ゲーム好きの良晴は喜ぶけど、ちょっと歴史が違う……? なんと、織田信長が女の子! 豊臣秀吉の代わりにサルと呼ばれることになった相良良晴は、ゲームで培った戦国知識を活かし、ピンチを切り抜けていく。9月23日に最終回を迎えたけど、総集編が決定したり、ブルーレイDVDが発売されたりと、まだまだ「織田信奈の野望」熱は冷めない! そして!、熊澤祐嗣監督のインタビューが実現! 2回にわたってお届けいたします。


「信長の野望」をやったり

――「織田信奈の野望」ではじめての監督なんですよね。
熊澤> そうなんですよ。でも、シリーズの各話1本を担当する演出との違いはあまり感じないですね。作品をつくる上で重視することは、そのときも念頭に置いていました。
――原作の挿絵を担当しているみやま零さんが〈合戦のシーンだとかアニメで動かすのは相当大変だろうに、とんだチャレンジャーが現れやがったぜ、と思いました〉と公式サイトのインタビューで言ってましたね。実際にやってみていかがでした?
熊澤 大変でしたよ〜。合戦シーンはキャラクターも多いので作画のボリュームがすごいことになってしまうので見せ方を苦労しました。実際に描いていると勘違いされている方も多いですけど、馬は基本的にCGなんですよ。
――そうなんだ! 戦国ものとか、現代ではありえない状況を描くのは大変ですよね。

この記事の画像

「ぶるぶる揺れるのには理由があった「織田信奈の野望」監督に聞く1」の画像1 「ぶるぶる揺れるのには理由があった「織田信奈の野望」監督に聞く1」の画像2 「ぶるぶる揺れるのには理由があった「織田信奈の野望」監督に聞く1」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク