review

クライマックスの解釈を巡って堺雅人とバトル!?「その夜の侍」赤堀雅秋監督に聞く2

クライマックスの解釈を巡って堺雅人とバトル!?「その夜の侍」赤堀雅秋監督に聞く2
その夜の侍<br />監督:赤堀雅秋
<br />主演:堺雅人/山田孝之/新井浩文/田口トモロヲ/綾野剛/谷村美月/坂井真紀/安藤サクラ/
高橋努/ 山田キヌヲ<br />配給:ファントム・フィルム<br />小さな鉄工所を営む中村健一(堺雅人)は、妻(坂井真紀)をひき逃げで亡くして以来、深い喪失感に苛まれている。犯人は木島宏(山田孝之)。2年間服役した後、出所したが、反省することなく自堕落な日々を過ごしていた。そこへ「お前を殺して俺は死ぬ」という脅迫状が送られてくる。中村は妻の命日に木島を殺そうと強い決意を胸に、毎日木島の動向を追い続ける。<br /><br /><br />11月17日(土)から全国ロードショー<br /><br />(C)2012「その夜の侍」製作委員会
前編はコチラ

現在公開中の「その夜の侍」。赤堀雅秋監督が、新藤兼人賞2012を受賞され、勢いづいています!(ちなみに銀賞は「へルタースケルター」の蜷川実花監督)
妻をひき逃げされた中村(堺雅人)が、加害者・木島(山田孝之)を殺そうと執拗に追いつめていく。最後の最後までその緊張感が持続していくところがたまらない。
といって、正義が悪を駆逐するというような痛快な内容ではない。
山田演じる加害者はかばいようのないダメ人間で、出所後も、道で通行止めをしている女性・関(谷村美月)に言いがかりをつけたり、仕事先で一緒になった中年男性・星(田口トモロヲ)をこき使うなど、次々とんでもないことをしていくが、彼は彼なりに生きていこうとしている。一方、堺雅人演じる妻に先立たれた男は、生きているけど死んでいるみたいで、ただただ妻への思いに突き動かされている。「おまえを殺して俺は死ぬ」と加害者に突きつけた予告の日にちは、妻の命日だ。
堺雅人が、汗だらだら、ぶ厚いメガネ曇りまくり、ずっとうなだれている姿と、山田孝之が、周囲に傍若無人に振る舞い続ける姿を見ていると、胸をかきむしられるよう。
山田演じる木島の犠牲者ながらなぜか部屋にかくまうことになる関が、狭いアパートに黄色いソファを買いたいとささやかな望みを口にするシーンや、堺演じる中村が、義兄(新井浩文)が紹介された女性とキャッチボールするシーンなど、赤堀いわく「ザ・凡庸」なのだろけれど、かけがえない場面だとジワッと来る。中村の妻(坂井真紀)を轢いてしまう時の、木島と小林(綾野剛)の会話もたわいなさ過ぎて悲しさが増す。中村の鉄工所の工員(でんでん、高橋努)や関の生活者としてのたたずまいも、いろんなものがにじみ出ていて、いつまでも見ていたい。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年11月22日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。