review

千鳥さんだけイヤでしたね。THE MANZAI王者ハマカーンに聞く2

インタビュー1はコチラ

昨年の『THE MANZAI 2011』で悔しい負けを経験し、ふっきれたことで“神田の素を生かす”という新たなスタイルの漫才を完成させたハマカーン。
彼らはどんな胸中で『THE MANZAI 2012』という大会を駆け抜けたのか。

インタビュー後半では、組み合わせ決め~決勝当日の心境、そして『THE MANZAI』という大会への思いを語ってもらった。

紙一重だったグループAの戦い

―― お2人は、ネタの出番順を決める『THE MANZAI 2012 運命の組み合わせ挑戦会SP』(12月2日放送)をお仕事で欠席されましたよね。その放送はマネージャーの“マネカーン”さんが代理出席したわけですが、ご自身たちでは何番手ぐらいにいきたいと思っていたんですか?
神田 どこでもよかったんですけど、予選で2回ともオジンオズボーンに負けていたので、僕はオジンオズボーンとは当たりたくなかったんですよ。でも、生放送中に電話でマネカーンに「どこでもいいです」って言ったら、マネカーンがオジンオズボーンのいるグループAの方に歩いていったんですよね。だから慌てて「やっぱりCブロックにしてください!」って言ったんですけど、途中で「でも、マネージャーの客観的な判断ではAだったんだな」と思って、最終的にはマネカーンの判断に任せることにしました。
浜谷 僕は初めからAがいいなと思ってたんですけどね。

―― それは、オジンオズボーンさんがいる・いないに関わらず、ですか?
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク