ナックルボール並みに揺れに揺れている。
昨日、突如あらわとなった「プロ野球の統一球はやっぱり変わっていた」問題。

2011年に導入され、ホームランが出にくいと言われていた「統一球」。
ところが、今シーズンからホームラン数が激増し、「絶対に変わっているハズだ」と開幕当初から噂されていた。
これまで頑に「統一球の仕様は変更していない」としていた日本野球機構(NPB)だが、遂に変更したことを認めてしまったわけだ。
テレビ番組や各新聞でも解説がなされているが、本稿では普段野球に興味のない人にもわかりやすく、丁寧にこの問題を解説してみたい。

《統一球ってそもそも何?》
まず、ここでの「統一」とは何だろうか?
よくある誤解としては、国際球と統一した、というものだが、これ違います。
2011年の統一球導入にあたって、NPBの加藤良三コミッショナーは次のようにコメントしている。

「2009年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)などで選手、関係者が国際試合で日本のボールとの様々な違いに戸惑うケースがあることを目の当たりにいたしました。それをきっかけに(中略)まずは国内の使用球を統一することにしました。その統一した結果として、国際試合でもNPBの選手のボールに対する違和感が少なくなることを期待しています。また、私としてはこの統一使用球が今後世界で、できるだけ広く使用されることを願っています」

つまり、あくまでも国際球に「近づけた」だけで、実際には別物。