bit

ドイツに習う、三種の神器で中古教科書を守る方法

ドイツに習う、三種の神器で中古教科書を守る方法
書き込みの類いは一切禁止
ドイツの学生が学校からレンタルしている教科書を、使用後に再び返却する義務があることは、前回のコネタの通り。代々の生徒が何年にもわたって交代で使い続ける教科書は、どれも丈夫なハードカバー。丈夫で長持ちする反面、必然的に通学用カバンは重量を増すばかりですが、その非情な重さに悲鳴をあげるのは、子どもたちの背中だけではありません。想定外の重量負担に耐えられず、 使用開始後わずか数年で、 肩ベルトがちぎれてしまうランドセルさえあるのだとか。

わが子の小さな背中への負担を思いやって、校門までランドセルを持って送迎する親も多く、キャスター付きのランドセルをゴロゴロ転がしながら登校する生徒も見かけます。もっとも、キャスター付きは「クールじゃない」「持ったまま走れない」という理由で、お年ごろで活動的な年代の生徒には敬遠されているようですが…。

さて、借りものの教科書へは、書き込みの類いは一切禁止。とは言っても、歴史の年号や英単語などを、アンダーラインを引いて暗記せねばならないのは、日本もドイツも同じこと。書き込みが必要になりそうな科目の教科書は、最初から自費購入すれば済むのですが、「自腹を切ってまで教材を買いたくない、でも、教科書にアンダーラインも引きたい」という学習者の矛盾を解消すべく、こんな工夫をしている教員がいます。

それは、歴史担当A教諭のアイデア。全生徒に、「クリアシート」「水性ペン」「ぞうきん」の3点を持参するよう指示します。クリアシートは透明で、歴史の教科書の1ページとちょうど同じサイズのもの。ペンはあくまで水性のみ。ぞうきんは、自宅にあるものでOKです。

あわせて読みたい

  • ドイツでは教科書を雑に扱うと弁償もあり?

    ドイツでは教科書を雑に扱うと弁償もあり?

  • バス内の交通整理は、おばあちゃんにお任せ!

    バス内の交通整理は、おばあちゃんにお任せ!

  • ドイツ人女性が悩む「おっぱいセクハラ」

    ドイツ人女性が悩む「おっぱいセクハラ」

  • ドイツの学校の先生、たった2人に聞いてみた『悩みと喜び』

    ドイツの学校の先生、たった2人に聞いてみた『悩みと喜び』

  • コネタの記事をもっと見る 2013年7月18日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース