review

宮崎駿引退会見の真相を探る

「『風立ちぬ』を最後に宮崎駿監督は引退することを決めました」
スタジオジブリの星野康二社長が、第70回ベネチア国際映画祭公式会見で発言した。
しかも、9月6日に記者会見をすることになっている。
14時からニコニコ生放送でネット生中継される。
また、日本テレビ「金曜ロードSHOW!」は、急遽「紅の豚」にプログラムを変更。
宮崎駿監督が引退する!?
とはいえ、ファンにとっては「またか」ではある。
宮崎駿監督は、たびたび引退すると言っている印象がある。

たとえば、2002年、筑紫哲也がインタビューのときにこう言っている。
「宮崎さんに会うたびに、映画を作るのはこれで最後だ、最後だと聞いてきたけど、次の作品の話をしてるみたいですね」宮崎駿『折り返し点』P286)

そうなのだ。宮崎駿監督は「これが最後だ、もう作らない」というような発言を繰り返している。
1984年、ロマンアルバム『風の谷のナウシカ』に掲載されたインタビューでこう言っている。
「いまはボケてますからね、何もやりたくないと思うばっかりで……ロマンアルバムの表紙も描いてないし(大爆笑)」宮崎駿『出発点』P476)

鈴木敏夫プロデューサーの証言。
「『風の谷のナウシカ』が完成した時、宮崎駿は「もう二度と監督はやらない。友達を失うのはもう嫌だ」と宣言しました」『ジブリの教科書2天空の城ラピュタ』P48)
『風の谷のナウシカ』が完成して、制作会社トップクラフトに元からいたスタッフが辞表を出す事件が起きるのだ。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「金曜ロードSHOW」に関する記事

「金曜ロードSHOW」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「金曜ロードSHOW」の記事

次に読みたい「金曜ロードSHOW」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク