review

「フミコの告白」石田祐康の新作「陽なたのアオシグレ」に宮崎駿の魂を見た

「フミコの告白」石田祐康の新作「陽なたのアオシグレ」に宮崎駿の魂を見た
なかむらたかし監督『寫眞館』、石田祐康監督『陽なたのアオシグレ』11/9公開。配給:スタジオコロリド
『寫眞館』『陽なたのアオシグレ』、短編アニメーションが劇場公開される。
この二本、素晴らしい。
泣いた。ぜひ観てほしい。

『陽なたのアオシグレ』は、石田祐康監督作品。
だれ、それ? という人も多いかもしれない。
でも、YouTubeにアップされた『フミコの告白』の監督だ、といえば「知ってる!」という人もいるだろう。

学生時代に作った『フミコの告白』がYouTubeにアップされると260万回以上の再生数を記録。
ぐいぐいと惹き込まれるスピード感と圧倒的なクオリティで、「すごい!」と話題になった。
・2010年オタワ国際アニメーションフェスティバル特別賞
・YouTube Video Awards Japan 2009アニメ部門
・第14回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞
・第9回 東京アニメアワード学生部門優秀賞
・勝手に選ぶ米光一成のゼロ年代ベストアニメーション賞を、『赤ずきんと健康』と共に受賞。
などなと、次々と賞をゲットしていく。
さらに翌年の卒業制作『rain town』で、文化庁メディア芸術祭で2年連続の受賞。

で、本作『陽なたのアオシグレ』が、その石田祐康監督の商業デビュー作品なのだ。
18分の短編作品。
勝手に選ぶ米光一成の2013年ベストアニメーション賞は、『風立ちぬ』と『陽なたのアオシグレ』にほぼ確定。
いや、ほんとにすごい。泣いたもん。

話はシンプルだ。
内気な男子小学生ヒナタくんが、大好きになたシグレちゃんが転校してしまうことになる。
ヒナタくんは、自分の思いを伝えられない。
シグレちゃんは列車に乗る。
「僕はシグレちゃんに想いを伝えるんだ!」
決意したヒナタは走りだす。
と、まあ、それだけだ。
それだけなのだが、挿入曲(スピッツ「不思議」)の流れるなか全速力パワーが炸裂する後半のヒナタくんの疾走。
その説得力。
物語や、テーマや、思想ではない。ただ、動く絵のちからが、ダイレクトに心を揺さぶる。
宮崎駿監督『風立ちぬ』が、大人のアニメーションであるとすれば、これは子供のアニメーションだ。
だが、絵に魂を込める意気込み、気骨は、同じベクトルを持っている。
ヒナタが決意して振り返るシーン、疾走するヒナタと妄想が融合する瞬間、東京が緑に覆われる画、鳥に乗って飛ぶときのぐっと力の入る絶妙な動き、そういった数々が、我を忘れさせて、動く絵の中に没入させる。
恐るべし。
1988年生まれ25歳のヤングな監督が、ここまでの作品を生み出した。見逃す手はない。


同時に上映される『寫眞館』は、なかむらたかし監督の最新作。
なかむらたかし監督は、『AKIRA』の作画監督であり、『パルムの樹』『ファンタジックチルドレン』の監督だ。
写真館を舞台に戦後から現代までを緻密に描く、ベテランならではの傑作。

11/9から
東京シネ・リーブル池袋(初日舞台挨拶アリ)
横浜ブリリア ショートショート シアター
大阪テアトル梅田
で公開。

2作品あわせても35分。短い。
だが、結晶のように貴重な映像体験の時間となるはずだ。
っていうか、もう1回観たい!と思うはずだから、2回観て、70分。
くはー、よかったーって、満喫してください。
(米光一成)

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年11月8日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。