11月23日から高畑勲監督『かぐや姫の物語』が上映されます。
それにあわせ、今晩『火垂るの墓』がテレビで放映されます。

ぼくがはじめて映画館で『となりのトトロ』『火垂るの墓』を見た時、どちらも夢中になって見ました。
『トトロ』が「楽しい!」なのに対して、『火垂るの墓』は「辛い……」。
でもそれも含めて、すげえなあ、アニメでこんな苦しい思いになるんだなあと、びっくりしたんです。

けどね、子供のぼくはどうしても『火垂るの墓』に納得ができなかった!
特に、西宮のおばさんと、清太。
確かに西宮のおばさんは、絵に描いたようなイヤな感じはあるけどさ、戦争中でしょう?
なのに、清太はそこで我を張っていいのかいと。
そこは我慢しろよ、そしたら二人共生き延びられたかもしれないじゃん、と。
それ以来、高畑勲作品は大好きなのに、『火垂るの墓』はどうしても苦手、という意識が芽生えてしまいました。

この点について、『もっと! Vol.4』の「ジブリの狂気が大好き」特集で、全く同じ部分について触れられていました。
サメマチオが「私の感想文 火垂るの墓」と題して、16ページのエッセイコミックを載せています。

例えばサクマドロップの缶に水をいれて、それを節子が飲んだら「味がいっぱいするぅ」というシーン。
どんな味だろう?と憧れてやってみたものの「味しねえぞセツ子!!!!」。
あるある。ぼくもあれこれ言いながら、サクマドロップ買いました。納得行ったかどうかと、アニメが好きかどうかは別なんだよ!