review

「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録。その時、和食の定義とは

「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録。その時、和食の定義とは
農林水産省の「和食」紹介リーフレットの表紙。農水省のホームページ「日本食文化を、ユネスコ無形文化遺産に。」ページからDLできる。同ページではユネスコへの提案書も読める
12月4日、「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録された。でもちょっと待った、「和食」ってなに?
そもそも、今回の登録は「日本料理アカデミー」(京都の料理人が中心になっているNPO法人)が始めた運動がきっかけ。そのせいなのか、マスコミで紹介されるのは老舗料亭の料理のイメージ。でも、それだけが「和食」ではないはずだ。
農林水産省のホームページでは、「和食の特徴」として以下の四点が挙げられている。

・多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重
・栄養バランスに優れた健康的な食生活
・自然の美しさや季節の移ろいの表現
・正月などの年中行事との密接な関わり


うーん、わかったようで、よくわからない。そこで、農林水産省の食文化・連携推進班の担当者に「和食の定義ってなんですか?」と聞いてみた。
「今回の無形文化遺産登録で、『じゃあラーメンはどうなんだ?』といった問い合わせもいただいています。ただ、今回の登録では、『何が和食か』ということは議論になっていないんです」(担当者)
えっ、そうなんですか?
実は、今回登録されたのは、「食に関する慣習」。ユネスコの無形文化遺産登録が対象とするのは「無形」の文化なので、特定の食事を申請・登録することはできない。

たとえばおせち料理。「おせちが和食かどうか」はそもそも問われない。ユネスコが登録したのは「正月におせち料理を食べるという文化」となる。
「赤飯」ではなく、「おめでたいときに赤飯を食べる文化」。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年12月10日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。