review

J・A・シーザーを直撃「少女革命ウテナ」あの曲の幻の2番が聞けるコンサート

アニメ『少女革命ウテナ』に使われた音楽「絶対運命黙示録」
二番があるって、知ってましたか?

もともと「絶対運命黙示録」は、演劇実験室・万有引力の公演「カスパーハウザー」の曲。作詞・作曲したのは、J・A・シーザー。シーザーは、寺山修司の劇団・天井桟敷で音楽を担当し、寺山没後は万有引力の主宰をしている。
『ウテナ』の幾原邦彦監督は天井桟敷やJ・A・シーザーのファンで、『ウテナ』に曲を使うことを熱烈にアプローチ。その結果、『ウテナ』にシーザーが参加することになった。
テレビで使われたのは「絶対運命黙示録」の一部。また、CDなどに収録されているものも一番だけ。
二番は、シーザーと声優の三木眞一郎が組んで行われた2001年のイベント「JYUTAISM」で一度だけ歌われたことがある。

幻の二番。実は、12月20日に聞くことができる。
J・A・シーザーのコンサート「大鳥の来る日」。豊島公会堂で、18時半から開演だ。
コンサートは五部構成。天井桟敷や万有引力で用いられた歌だけではなく、「絶対運命黙示録」や「天使創造すなわち光」、「ワタシ空想生命体」などの『ウテナ』の曲、蘭妖子のゲスト出演など、シーザーの世界にとことん浸る二時間になる。

「ウテナの続編」的楽曲の構想もあるとのこと。
コンサートに向けて準備中のシーザーに話を聞いてきた。

「『絶対運命黙示録』の二番は、『カスパーハウザー』のときにはなかった。「JYUTAISM」のときに、新しく二番を作ったんです」

この記事の画像

「J・A・シーザーを直撃「少女革命ウテナ」あの曲の幻の2番が聞けるコンサート」の画像1 「J・A・シーザーを直撃「少女革命ウテナ」あの曲の幻の2番が聞けるコンサート」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「少女革命ウテナ」に関する記事

「少女革命ウテナ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「少女革命ウテナ」の記事

次に読みたい「少女革命ウテナ」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク