review

「オバケのQ太郎」誕生50年。Q太郎のQはどこから来たのか

「オバケのQ太郎」誕生50年。Q太郎のQはどこから来たのか
藤子・F・不二雄大全集『オバケのQ太郎11』(藤子・F・不二雄、藤子不二雄A著、小学館)<br />『オバケのQ太郎』は、「週刊少年サンデー」での連載と並行して、小学館の学年誌でも連載されていた。全集のこの巻にはそのうち「小学六年生」の掲載分のほか、「女学生の友」に連載されたスピンオフ作品「オバケのP子日記」、そして、藤子たち自身を主人公にオバQ誕生までの経緯を描いた「スタジオ ボロ物語」が収録されている。
2014年1月で誕生からちょうど50年を迎えたキャラクターがいる。それは藤子不二雄の同名マンガの主人公・オバケのQ太郎だ。「オバQ」「Qちゃん」とも呼ばれ、いまでも親しまれているこのキャラクターは、2月28日が誕生日(作中でオバQ本人が言っている)。この日付について、ネット上では連載開始日に由来すると説明するサイトもある。ただし、これは間違い。

『オバケのQ太郎』の連載は「週刊少年サンデー」1964年6号から始まっている。同号の発売が同年1月22日で、誌面にクレジットされた発行日は2月2日だった。上記の説はおそらく、原作者の一人・安孫子素雄=藤子不二雄Aが、自伝『二人で少年漫画ばかり描いてきた』(藤本弘=藤子・F・不二雄との共著)で、『オバQ』の初回は「少年サンデー」の2月28日号に掲載されたと誤って書いたことから広まったのではなかろうか。

藤子不二雄の2人が1987年にコンビを解消して以降、『オバケのQ太郎』の単行本は長らく手に入らない状態が続いた。これというのも、安孫子と藤本の合作で、権利関係が複雑だったためだ。ようやく2009年、小学館の「藤子・F・不二雄大全集」に『オバケのQ太郎』も収録され、ふたたび日の目を見ることになったのは、ファンにはありがたいかぎりだ。

「少年サンデー」での『オバケのQ太郎』の連載は、当初7回の予定が2回分延びて9回となったとはいえ、読者からの反響がなかったためそれでいったん打ち切りになっている。が、しばらくして「どうしてオバQをやめたのか! また始めてください」という読者からのハガキが殺到したことから、連載は再開される。

あわせて読みたい

  • バスからはじまる物語。藤子・F・不二雄ミュージアムのすこしふしぎどころではない完成度

    バスからはじまる物語。藤子・F・不二雄ミュージアムのすこしふしぎどころではない完成度

  • 「ドラえもん」の「えもん」はなぜ平仮名なのか。生誕100年前記念イベントに行ってきた

    「ドラえもん」の「えもん」はなぜ平仮名なのか。生誕100年前記念イベントに行ってきた

  • 「ドラえもん」世界にサンタクロースがいない理由

    「ドラえもん」世界にサンタクロースがいない理由

  • 今夜金曜ロードSHOW「怪物くん」で嵐・大野智と上川隆也とTOKIO・松岡昌宏が死闘

    今夜金曜ロードSHOW「怪物くん」で嵐・大野智と上川隆也とTOKIO・松岡昌宏が死闘

  • 気になるキーワード

    1. 連載 漫画
    レビューの記事をもっと見る 2014年1月29日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    「連載 + 漫画」のおすすめ記事

    「連載 + 漫画」のおすすめ記事をもっと見る

    次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

    次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。