review

芥川賞最多落選作家・島田雅彦に学ぶ5つのモテポイント

芥川賞最多落選作家・島田雅彦に学ぶ5つのモテポイント
3月1日に行われた島田雅彦と桜木紫乃のトークイベント。みなさん、これが多くの女性をめろめろにさせてきた島田雅彦の微笑みです。
島田雅彦。とにかくめちゃくちゃ顔がかっこいい。
3月1日から2日間にかけて行われた芥川賞&直木賞フェスティバル。両賞の受賞作家が登壇する中で、1人だけ「特別枠」の作家が島田だ。
芥川賞に6回ノミネートされすべて落選した「最多落選作家」。芥川賞・直木賞は「新人賞」という位置づけのため、島田はもう芥川賞受賞作家になることはない。ある意味誰よりも芥川賞のことを知っている島田は、2010年から芥川賞の選考委員となった。『島田雅彦芥川賞落選作全集』上下巻なんてものも出た。
何はともあれ島田はかっこいい!! 「文壇のジュード・ロウ」と呼ばれるくらいの甘いマスクの正統派イケメン。現在52歳、甘さはそのままに渋さも加わっていてドキドキする。

トークイベントのお相手、桜木紫乃(2013年「ホテルローヤル」で直木賞受賞)は、男女の性愛について描く作家。直木賞の受賞のさいには「壇蜜」と称されていた。文壇のジュード・ロウと壇蜜が並ぶと、当たり前のようにオトナなムードになっていく。
桜木「島田さんは巨乳好きと聞いたので、つめものをしてこようかなとも思ったんですが、プライドが……」
島田「巨乳には二つある。巨大なほうと空虚なほう。どちらも好きですから大丈夫ですよ」
最初っからこんな感じだ。お昼なのに、飛ばしてるなー!
トークのテーマは「小説の中の男と女」。島田の「モテ力」をひしひしと感じた1時間だった。

■島田雅彦のここがモテる1:万能で有能

あわせて読みたい

  • 芥川賞作家・SFの貴公子、円城塔はなぜ男子にモテるのか、辻村深月×円城塔トークレポ

    芥川賞作家・SFの貴公子、円城塔はなぜ男子にモテるのか、辻村深月×円城塔トークレポ

  • カンヅメになった作家は果して真面目に原稿を書いているのか。浅田次郎と林真理子が内幕を明かす

    カンヅメになった作家は果して真面目に原稿を書いているのか。浅田次郎と林真理子が内幕を明かす

  • 村上春樹はなぜ芥川賞を獲れなかったのか。選評でたどる芥川賞の歴史

    村上春樹はなぜ芥川賞を獲れなかったのか。選評でたどる芥川賞の歴史

  • 気になるキーワード

    1. 芥川賞 高橋弘希
    レビューの記事をもっと見る 2014年3月13日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    「芥川賞 + 高橋弘希」のおすすめ記事

    「芥川賞 + 高橋弘希」のおすすめ記事をもっと見る

    次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュース

    次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「直木賞」のニュース

    次に読みたい関連記事「直木賞」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース