review

工藤阿須加の父・公康は、むしろライバルの如月一磨だった「ルーズヴェルト・ゲーム」5話

       
野球でもビジネスでも、イツワに完敗!
TBSドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」第5話、青島製作所は自分たちのらしさ(イズム)を全面に発揮し、そして敗れ去るというツラい展開が描かれた。

ビジネスでは、青島製作所の肝である「技術力」を全面に打ち出して東洋カメラとの業務提携を進めるものの、ライバル会社・イツワ電器から「価格攻勢」という横槍が入り、取引を白紙に戻されてしまった細川社長(唐沢寿明)。

一方野球部は、そのイツワ電器と都市対抗野球・東京都予選で対戦。負ければ廃部、という状況の中、にっくきイツワのエース・如月一磨(鈴木伸之)を打ち崩して延長戦にまでこぎつけるものの、最後はイツワの地力の前に敗れてしまう。

ただ、負け続けた内容にもかかわらず、見終わった後にはやるせなさだけではなく、どこか清々しい気持ちも残った。
「あいつ(沖原和也=工藤阿須加)はバカのひとつ覚えみたいにまっすぐを投げるだけだよ。でもなぜかな、胸が熱くなるのは」
青島会長(山崎努)の言葉が胸に沁みる。

負けたら廃部、のはずだった野球部は都市対抗予選の「敗者復活」へ望みを託す展開に。だが、ビジネスではどう挽回するのか。
ひとつだけ言えるのは、今回の敗戦によって野球部も、そして細川社長も一段階上のレベルに到達しただろうということ。
「一度も負けたことのない野球選手なんてどこにもいない。そこからどう這い上がって強くなるか。逆転! 逆転だっ!!」
青島会長のこの言葉が今後何度もリフレインされそうな予感がする。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ルーズヴェルト・ゲーム」に関する記事

「ルーズヴェルト・ゲーム」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ルーズヴェルト・ゲーム」の記事

次に読みたい「ルーズヴェルト・ゲーム」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

ルーズヴェルト・ゲーム

ルーズヴェルト・ゲーム

ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」(TBS系・日曜21時)は、危機的状況に陥った中小精密機器メーカー・青島製作所と同社の野球部それぞれの逆転劇を描いたドラマ。凄まじい投球を披露した主人公演じる工藤阿須加は、元・プロ野球選手の工藤公康の長男。

2014年5月26日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。