review

男泣きがドラマを動かす「ルーズヴェルト・ゲーム」7話

       
男泣きに次ぐ、男泣き!

TBSドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」に登場する男たちは、じつによく泣く。

昨晩放送の第七話では、青島製作所野球部が都市対抗野球大会・準決勝では強敵・タナフーズを相手に逆転勝利。マネージャーの古賀哲(高橋和也)が号泣する。勝利を喜んでいるにしては苦渋の表情。大道監督は「そろそろ話せ。何があった」と問う。

試合後、いつもの居酒屋で飲んでいると、野球部部長の三上(石丸幹二)がやってくる。そして、今月いっぱいで野球部は廃部にすると、部員たちに告げる。マネージャーの古賀はこの決断をいち早く知らされていたのだ。部員たちは色めき立ち、「冗談ですよね」「ウソでしょ」と三上に詰め寄る。

だが、三上の決意は揺るがない。
「私はこれまで派遣社員、契約社員を100人切ってきた。そして、これから正社員をさらに100人切らなければならない。野球部を、君たちだけを残すわけにはいかないんだ」と涙ながらに訴え、頭を下げる。「ホントにすいません。許してください。このとおりです」と泣きじゃくる三上を前にして、部員たちは言葉を失う。

毎回誰かが涙ぐみ、時には声をあげて号泣する。そうしょっちゅう泣かれると「いちいち泣くな!」と一喝したくなりそうなものだが、不思議とそうはならない。むしろ、好感度が上がるのはなぜか。印象的なシーンを振り返りながら、好ましい“男泣き”の正体を探ってみたい。

■「賭けをしないか?この試合はどっちが勝つか。もし、お前が勝てば、俺が持っている会社の株式を全部くれてやる」(青島毅/第一話)

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ルーズヴェルト・ゲーム」に関する記事

「ルーズヴェルト・ゲーム」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ルーズヴェルト・ゲーム」の記事

次に読みたい「ルーズヴェルト・ゲーム」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

ルーズヴェルト・ゲーム

ルーズヴェルト・ゲーム

ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」(TBS系・日曜21時)は、危機的状況に陥った中小精密機器メーカー・青島製作所と同社の野球部それぞれの逆転劇を描いたドラマ。凄まじい投球を披露した主人公演じる工藤阿須加は、元・プロ野球選手の工藤公康の長男。

2014年6月9日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。